FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

射精許可と寸止め課題

 結婚した事をきっかけに、貞操帯(貞操具)を装着する事が難しくなり、現在はコミュニケーションを取りつつ自分の意思で射精を抑制といった管理を行っています。

 あくまでも任意による管理で信頼でしている管理です。

 管理するといっても人の事情で様々です。以前は募集こそしていないものの、管理を依頼してきた方に対しては拒むことなく依頼されれば受けてきたりもしました。私も自分のスタイルでの管理願望は持っていますが、なかなかそれに当てはまる状況には至らないのが現状で、また相手としても望んでいた管理とは違うということで去っていかれる方のほうが多く、今現在はお互いの妥協の範囲で関係をつなげれる人だけ残っているといったほうが正しいのかもしれません。0017も、こういう環境の中残ってくださっている方の一人です。

 話を戻します。

 管理の方法ですが、射精しない限りそのほかの事はすべて自由という条件です。奥様とのSEXをしてもかまいません。ただ射精だけはしてはいけないという条件下なので楽しめるのかどうかは本人しかわからない事ですけど。

 先日、数ヶ月ぶりに射精の許可を与えました。マスターベーションによる射精は認める気は一切ありません。精子の無駄打ちにしかなりませんから。ということで、奥様とSEXした上で奥様の体内で出すのはかまわないという条件で許可を与えました。



先日の朝の会話

「おはようございます。」

『おはよう』

「朝から、ムラムラしちゃってるw」
「大分射精してないですから。。。」
「変態パイパンマゾ夫ですから。」

『よく出せないでいれるね何もつけてないのに』

「ボッキはしまくりますね。」
「今は出したくてたまりません。。。」
「もう我慢できないw」

『我慢できなくても禁止だよ』

「そんなぁ。。。弄りたい。出したいです。。。」

『そうやって悶えておきなさい』

「もう、、、限界ですよ。。。」
「数カ月になりますから。」
「何とかしたいです。。。」

『じゃあ奥さんの中に出したら』

「はい、そうさせていただきます。」
「エネマグラは入れてもいいですか?」
「なるべく腰振らないで情けなく出します。」

『いいよ』

「自分で擦っていく寸前で妻の中に入れて、瞬時に出すようにします。」
「奴隷夫の身分ですから。」

『了解』

「ありがとうございます。」
「なるべく早く情けなく出します。」
「漏らす感じで。」

『はい』

「今からドキドキして、はしたなくたてていますw」



後日の会話

「昨日射精させていただきましたのでご報告します。」
「ただ、入れた瞬間でしたけどねw」
「これ以上ないくらいの早漏でした。」

『逝く直前まで持っていってからやったんだ』

「そうですね、もう出そうなところで入れました。」
「エネマグラ入れたまま。」

『エネマグラには気づかれなかったの?』

「はい。妻がシャワー浴びてる間に入れて、そのままだったので。」

『気持ちよかったの?久しぶりの射精』

「気持ち良かったです。 アナルから痺れるようでした。」
「でも、管理されてる身なので、あまりペニスには力を入れず、流れるままで情けなく漏らしました。」
「マゾ射精最高でした。」



 久しぶりの射精で火がついたのかそれ以降どうしても扱きたくて仕方がないという事で、



本日

「おはようございます。」

『おはよう』

「今日も悶々です。」
「いつも悶々として起きる」

『出した反動じゃない』

「多分そうだと思います。」
「辛い。」
「思い切り扱きたい。。。」

「職場に着いても悶々。」

『寸止め、またしたら?』

「またしようかな。。。」

『するなら報告ね。はじめたらやめるのは禁止だけどね』

「はい、、、」
「辛いのはわかってるのに、扱きたくてたまらず、始めさせていただきます。」

『了解』

「昼休みから扱かせていただきます。」

「これから寸止めオナニーをします。」
「寝取られマゾチンポを扱きます。」

『了解。記事に書いてもいいのかな』

「はい。書いて晒してください。」
「ますますボッキしています。」

『じゃあ寸止め後の写真送ってきてね』
『糸引いてるとなおいいんだけど』

「はい、家に帰ってからの寸止めでいいですか??」
「ああ、逝きそう。。。」
「寸止めしました。。。」

『短いね』

「最初なので、すぐいきそうになります。。。」
「早漏です。。。」
「10分持たない。。。」

『10分どころか1分でしょ』

「はい、ゾクゾクしてまた垂らしてます。」


 また回数指定して追い込んだら、泣きを入れるのに男って出せなくても扱きたくて仕方ないものなんですね。











スポンサーサイト
[PR]


管理no0017 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<遥香様からのコメント | ホーム | 忠誠度チェック>>

コメント

智美 様、お久しぶり!長らく海外のネット環境が不安定な地域へ行っていましたので、好きだったこのブログも観ることを諦めていましたが、2年振り?(笑)に開いたら、スゴイ充実度に驚きです!!「貞操管理」しっかり続けられてるのですね。素晴らしい!
さて、私の生活環境などは後にしてプライベートのFemDom Lifeを少しお伝えします。つい最近まで(と言うか帰国するまでの条件で)、30才男性とその恋人29才女性を5day24hourペースでの調教をしていました。二人をMに育て上げるのにはそれなりの苦労もあったのですが、趣味にのめり込んで妥協は許せない私の性格もあり(笑)、じっくりMの悦びをからだに覚えてもらいました。まず、貞操具ですが二人にはネオスチール社を常時装着させていました(これは7day24h/KHは勿論私です!)。当初リリス(男性の恋人)の拒否反応が激しく大変でしたが、りょう(リリスの恋人)に説得してもらい、尚且つお揃いの貞操帯を着けるファンタジーを感じたのか、装着生活をスタートさせました(^^;。ただ、女性は生理があるので少々手間がかかりましたが、月経カップを利用させることで解決でした!後で話しますがこの月経カップ使い道が他にもあり紹介してくれたフランス女性に感謝(^^)d。色々お伝えすると長くなるので、私のスタンダードな調教を書きます。リリスには、アナル性感と拡張が日課で日によっては5インチのプラグを半日外させることなく過ごさせます。5dayは排便も私の管理下で、5日間させないこともあります。リリスは長身ながらお尻が100のグラマーな日系の女性で、何より感度が抜群で、1日置きの解錠洗浄の時は毎回、私の洗浄マッサージ(笑)で後ろ手の手錠で手首があざになる程、昇天してくれます。サービスしてる訳じゃないのですが(`□´)。りょう も然りで、解錠洗浄時には、私に許しを乞いながら暴発すること多々ありで、これには手を焼き、途中からストッパーがわりに太めシリコン尿道プラグを洗浄時に装着させました。それでも暴発時にはストッパーからスペルマが溢れ出ますが、りょうにとってはそれが激痛らしく、最近では早くロックアイス(氷袋)を当ててくれとせがむようになりました(^^)d。ところで、解錠洗浄や勃起トレーニング時に、りょうにはエネマグラを調教に利用しています。ただし通常の使い方ではなく、脱肛バンドなどで固定してしまうやり方です。形状はバンブーやサドルタイプの前立腺刺激の強いものを挿入します。りょう曰く、この状態で私に勃起トレーニングをされると気が変になる痺れがくるそうです(笑)。
二人共そうですが、貞操帯解錠時は後ろ手手錠は必須です。決めた期間は昇天させないようにが私の義務ですが、二人共感度が良すぎるために、床を汚すのです。私の二人へのリビコンは最低でも1カ月を強いています(`´)が、前述のように粗相した場合は・・スパンキング等色々ありますが、二人が真剣にそろって許しを乞うのが、リリスの月経カップの経血をリリスの目の前でりょうに飲ませるお仕置きと、ハンモックに二人並べての乳首吊りです(^^;。この二つは二人にとって心底辛いらしく、月経カップはリリスはうつむき、りょうは顔面蒼白です。匂いが強烈なのは私もわかりますが、どんな味なのかしら?(笑)。さて、ハンモック乳首吊り責めですが、吊る前にしっかり皮ブラやロープで乳房を絞ってハンモックに仰向けに寝かせてから勃たせた乳首をタコ糸で天井から吊るのですが、これも相当効く責めで、2時間もやると涙と鼻水まみれで二人並んでハンモックに揺れています(^^)d。下ろしてからも当然、二人の乳首は2倍に腫れあがり、1週間は乳首が擦れて痛い上に感じるそうで、このお仕置きの後は二人の貞操帯の汚れと匂いがいつにも増して強くなります(^^;その匂いは私は好きですが(笑)。久しぶりのコメントに長々と失礼!!。智美様これからも応援してます!
2018-03-11 Sun 14:15 | URL | 遥香 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |