FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

マゾ化の進行と射精衝動

 0017の毎日の日課

「おはようございます、智美女王さま。」

というご挨拶」から始まります。次に発せられる言葉は、

「マゾ豚○○に、排泄のご許可をお与えくださいませ。」

という言葉がほとんどでそれに対し、私が、「いいよ。」ないし「よし。」と答えると、

「ありがとうございます。」

といった展開です。しばらく「いいよ。」と答えていたがこの前久しぶりに「よし。」と言ったとき、このような展開となりました。

「久しぶりの、よしの合図で、股間がキュンとしました。。。」
『そはう思うかなと思って言いました。』
「 はい、効果てきめんです。うっとりしてしまいました。マゾの快感が、股間を疼かせます。嗚呼。」
『w』
「・・・ブログ、結構恥ずかしい内容を書いてて、今さら焦ってきました。」
『w』
「内容が、性欲全開ですよね。マゾ豚って感じです。犬以下ですね。」
『w』
「これからは、、、逃げられないように、名前もつけて「マゾ豚○○」って、、、呼びつけてください。」
『わかった。』
「ありがとうございます、智美女王さま。マゾ豚チンポがヨダレを垂らしています、嗚呼。」

その後勤務先でも許可は忘れません。お昼時、

「智美女王さま、マゾ豚○○に排尿のご許可をお与えくださいませ。」
『よし。』
「ありがとうございます。さっそく、、、あさましく股間が反応してしまいます。また、マゾが表に出てくる時期に入ったのでしょうか。そんな感じです。」
『さあね。元々マゾだったんでしょうね。』
「そうですね、、、うまれついてのものなのかもしれません。逃げられない宿命なのかなぁと。。。マゾの快楽が一番深く、焦がれます。」

さらに夕方、

「智美女王さま、マゾ豚○○に、オシッ○のご許可をお願いいたします。」

私が答えられないでいると、20分ほどしてまた、

「智美女王さま、膀胱が、パンパンです。お慈悲をくださいませ。」

それに気づいて、『いいよ。』と許可すると、

「ありがとうございます。お漏らしするところでした。。。許可なしは、ダメですからね。お漏らしも、、、してみたかったりなのかな。。。」

という感じに会話をしています。夜遅く入っていたチャット気づかなかったけど、

「智美女王さま、夜も遅いので、大変申し訳ありませんが、マゾ豚○○の豚チンポから、お漏らしさせていただきます。申し訳ありません。」

深夜気を遣ってこんな感じにしおらしいところもあったりと。wそれに今日の会話でこんな展開に、

「彼女を智美女王さまに寝取られたり、、、といった妄想をしてしまいます。」
『ww』
「こんな風に調教されて、、、」
http://4.xhcdn.com/key=IJTnyOPd4MB5PVvJYQljKQ,end=1462600322,
limit=3/speed=148k/initial_buffer=778009/3555394.mp4
「そのうちに、智美女王さまの募集された男性と一緒に、こんなことされたり、、、」
http://9.xhcdn.com/key=FU7PJAWZYzNelbzNRYoSfw,end=1462600361,
limit=3/speed=140k/initial_buffer=472960/5018179.mp4
「そして、、、映像や画像だけが送られてくる。」
『ww』
なんかマゾ全開になってきてますね。はい、なんだか、すごいいやらしい気持ちです。マゾ豚○○の名前のとおりです。マゾチンポがビクついて、涙流してます。嗚呼。智美女王さまに管理していただいて、幸せです。嗚呼、でも、、、射精したいです。」

話してると、ここでも突然の射精衝動が起きたようです。

『この前試した方法での射精ならいいよ。出しても。今日ならあせらなくても時間あるからいけるかもね。』
「あの方法ですね。。。亀頭がもつかどうか、、、ですね。難しいかもです。」
『じゃあしなきゃいいじゃないw出したいっていったからいってあげただけだし』
「アナルプラグ入れて、やってみても良いですか?」
『いいよ。』
「今日、時間を作ってやってみます。やっぱり、射精したいです。」
『記事も楽しみにしてるねw』

といことで、自分のブログでこのづきどうなったかの報告があるかと思いますww

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

管理no0017 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<性的衝動の発散のさせ方0022バージョン | ホーム | 射精衝動の季節?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |