FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

0001の調教(真由美編)

 此度、チャットでサイトがさびしいという言葉を耳にしました。確かに体調不良となりブログのほうはからきし更新が滞っています。


 本格的な調教再開はもう少し先になりそうなので、0001の代理メンテの状況でも掲載したいと思います。

 今回の体調不良に伴い真由美には、0001と0002の定期メンテをお願いしています。0001から定期メンテでどのようなことをしてもらったのか、聞いてみるとメンテというより射精させてもらえないSM調教だったとのことでした。

 0001は私の体調の悪化に伴い定期メンテの日を先延ばしにしていました。ある日真由美にメンテが出来ていない状況を話をしてみるとかなり乗り気になってくれたので、体調復帰までの間、本当に気まぐれでいいからとお願いすることにしました。

 真由美にメンテを頼んでから数日して、0001に真由美から日程調整の連絡があったそうです。ちょうど予定がかみ合ったようで、真由美が指定した場所まで移動し、メンテをしてもらえたそうです。

 待ち合わせ場所のホテルに着くと真由美が一人でやってきたそうです。くるなりいきなり貞操具だけの姿になるように言われて、指示に従って服を脱ぐとすぐに縄で後ろ手に縛られたようです。その後貞操具を外され、浴室に連れて行かれて股間をボディーソープで洗ってもらったそうです。
 洗い方は荒々しくは無く微妙な快感が伴う柔らかい感じでゆっくりときれいにしてくれたようです。

 長い快楽洗浄が終わるとそのまま浴室の床に寝そべるように言われ、その指示に従って仰向きに寝そべると、真由美はそのまま浴槽を出て行き、縄を持って戻ってきて、その縄で両足を揃えたまま足首とひざの辺りを縛られ、別の縄でさらに睾丸をひとつずつ搾り出されるように根元を縛られ、最後に陰茎の根元もきつく縛られたそうです。その時点で睾丸がかなり圧迫されいて、陰茎にも板もが走るきつい縛り方だったみたいです。縛られて数秒もしないうちに腹部に痛みを感じる状況で、縛り終えた真由美に顔の上に下着姿でまたがれ、股間を鼻先と口をふさぐような感じで突きつけられて息苦しい状態にされ、いきなり根元を縛られた陰茎を真由美に咥えられて、舌でゆるい刺激を与えられ興奮して勃起すると、千切れるのではないかと思うくらいの痛みを感じる強い力で陰茎を噛まれ、あまりの痛さで陰茎が萎えてくるとまたゆっくりと舐められ、勃起すると噛まれるという行為を気が遠くなるほど続けられ、射精は出来ないまま顔に生暖かい液体を浴びせられ、舌できれいにするように言って真由美のぬれた下着を数分間舐めさせられたとのことでした。
(0001はその液体の味はしょっぱいけどなんか温かみを感じる味だとわけの分からない感想を言ってました。どうしようもない変態です。)

 その後も縄は解いてもらえず、勃起している陰茎をバラ鞭で勃起していることを叱咤され何度も鞭打たれ、「鞭打ちで射精できるんならしてみな。」という感じで、100数回鞭打たれたそうです。その後足と股間の縄は解いてもらえたけど上半身は縛られたまま、正座させられ陰茎が萎えたところで噛み跡と鞭打ちの蚯蚓腫れの陰茎に貞操具をつけられて施錠され、その後ベッドへと連れて行かれ、裸になった真由美の股間を舐めるように指示され、その後にディルドを口に咥えさせられ奉仕させられたそうです。

 時間にして5時間近く調教や奉仕させられたようで、不完全燃焼のまま放り出されてメンテは終了したとのことでした。貞操具の中で晴れ上がった股間が3日程痛みが引かず大変だったとの内容でした。


 他にも何かされたようですが、0001の説明ではこの程度の内容しか書けません。

 少しは参考として楽しめたでしょうか。

 

 
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


管理no0001 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<チャット中の寸止め課題 | ホーム | 2015年 101日目>>

コメント

智美様、更新ありがとうございます。

真由美様すごいです
0001さんご愁傷様です
でもメンテナンスは十分堪能できたのではないのでしょうか
真由美様のお体で直接調教をしていただける何でなんと幸せ物なのでしょうか
メンテナンスの後の悶々とした気持ち理解できます
M冥利に尽きる時間ですね

智美様も真由美様に引けを取らないやさしさでメンテナンスという名の調教をなさるんでしょうか、ちょっと怖い感じです 汗
2015-04-10 Fri 17:30 | URL | '0022 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |