FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

禁欲生活160日目 射精

ふと思いついた企画で、巨大ながハリケーンが通り過ぎていきました。

後手に縛られ放置されている管理no0001に近寄り顔を見ると、唇が渇いているようなのでスポーツ飲料を飲ませ体力の回復を図ります。縛ったままですが少し休憩させた後「時間もないし、そろそろメンテナンスをしようか。」と声をかけました。

貞操具の中という許された狭い空間の中で、男性器はめい一杯大きくなっています。しかし完全に勃起は出来ず無理やり下向きに強制する貞操具に逆らい必死に頭を擡げようと戦っています。
ここしばらく見ていない勃起です。
それはそうですよね。今まで目の前で女性が喘ぎながら逝ってるのを見ているのですからね。
(傍で見ていた私でもおかしくなっています。一瞬とはいえこのまま管理no0001貞操具を外してSEXしてあげてもいいかなって思ったくらいです。)
禁欲している男性にはかなり酷なことですね。

管理no0001にはまだ、今日勃起や射精を許可することは伝えていません。とりあえず何も伝えないままいつものメンテナンスを行なうよう装います。

縄で縛ったままメンテナンスするのは後で縄の手入れが大変なので、いつもの鉄枷に変更する事にしました。正直とても綺麗に縛っているので時間があればもう少し放置しておきたいと思ったほどです。

管理no0001の縄をほどき、長時間縛られ痺れたままの手首に鉄枷を嵌め後手で拘束します。そして浴室に連れて行きました。いつものように貞操具を付けたままメンテナンスを始めます。
管理no0001が何か言いたそうです。禁止をした射精の懇願がしたいのでしょう。目がそう物語っています。
ここ最近見なかった表情です。いつものメンテナンスを終了しました。いつもよりかなり時間を要しました。冷水をかけてもなかなか男性器の勃起がおさまらないからです。メンテナンスが終了した時には泣きそうになっていました。
さぞかし射精がしたいのでしょう。
終電の時間があるのであまり引っ張る時間がなかったのが残念です。
今日も射精させてもらえないとあきらめているようですが、貞操具の中はパンパンです。
まだ拘束は解いていません。「射精したい?」って意地悪をして聞いてみました。当然射精の懇願してはいけないので、答えは「いいえ」しかないのです。普段より少し遅れて「いいえ」と答えます。従順でかわいいです。

「ここまで来たご褒美に、終電までまだ時間があるから、今日は特別160日ぶりに勃起する事を許してあげるよ。」と言うとすごく喜んでいます。

床に膝立ちさせ貞操具の鍵を外します。ゲージを外します。勢いよく陰茎が大きくなります。160日ぶりで勃起する為痛みが走るようです。勃起しながらうめき声をあげています。激しく勃起した為、根元リングを外すのに少し苦労しました。根元リングを外したことで160日ぶりに自然に勃起出来る状態になりました。

貞操具を外したあけど自分では触れません。忍びないですね。
「勃起出来るから、160日ぶりに、直接洗ってあげるよ。」と言って浴槽に引き戻します。いよいよ射精をさせる段取りに入ります。
まず洗剤取付けて勃起した陰茎を丁寧に扱きます。「射精は許可していないので逝くんじゃないよ。」と言いながら、陰茎を扱いて刺激します。シャワーを強めにして亀頭めがけて勢いよく掛けます。160日ぶりの刺激です。思わず腰を引いて刺激を避けます。綺麗に流した後水分を拭き取り部屋に戻り、ベッドに寝転ぶよう指示します。
射精させると言ってさせた方がいいのか、我慢させて無理やり射精させるか悩みましたが、大量に溜まった精液を確実に回収したいのと、それを飲ませてあげたいので言わずに我慢させ射精させることにしました。

管理no0001に「せっかく解放してあげたんだから刺激してあげるけど逝くんじゃないよ。私以外の女に興奮したんだから逝ったら許さないからね。」と言って陰茎を扱き始めした。久しぶりなのですぐに逝きそうな反応を示しています。カウパー氏線液が量がすごいのを理由として、少し休憩してゴム(コンドームに着いた薬剤を落とすためあらかじめ水で洗い元通り巻きなおしたもの)を持ってきます。尿道の先から垂れるカウパー氏線液の上からその薬剤を洗い流したゴムをかぶせます。「スケベ汁が付くの嫌だから、ゴムをするよ。」と言って陰茎にゴムを被せます。
時間も残り少ないので、ここからは一気にクライマックスです。「逝く寸前まで扱いて感じさせてあげるから、逝く前には言うんだよ。寸止めするんだから言わなかったら承知しないよ。」と釘を刺します。そこからゆっくり扱き始め気持ちを高ぶらせます。先程の彼女との事を出し嫌味を言って亀頭や陰茎を責めます。管理no0001が興奮しているのが陰茎を通じて分かります。陰茎が本当にギンギンです。ゆっくりと時に早く陰茎を扱きます。いよいよ限界の様です。管理no0001が「逝きそうです。」と告げました。「逝くんじゃないよ。」と言って更に早く扱きます。管理no0001は逝かないように必死に耐えてます。さっき散々刺激されてるのに頑張るなんてすごいじゃない。って思った瞬間、崩壊の時が来たようです。突然「もう駄目です~~。」と叫んで腰がはじけました。激しく腰をゆすりながら痙攣しています。白目を剥いています。痙攣するする陰茎になお刺激を加えます。とめどなく精液が出ています。ミルキングも少し前からしていませんでした。精液が少しでも薄くなるように配慮したつもりです。その為かすごい量です。普段男性が射精している時間より長かったよ様に感じます。射精した後も精液を絞るように根元から先端へ向けて扱きます。管理no0001が白目を剥いて失神しています。射精で失神するところ初めてみました。採取した精液はすごくドロドロとしていて、ゴムの上から触って確認すると弾力がかなりありました。ミルキングを控え、少しでも精液を薄めるようにしていたのにもかかわらず、かなり濃厚な液体の様です。

しばらくすると管理no0001も気を取り直しました。意思が戻ると同時に「ごめんなさい。」と謝ってきました。「許さないよ。先ずはこの精液どうするんだい。」と聞くと、言葉に詰まっています。「飲むんだよ。自分で出したものでしょ。」ミルキングの時は素直に飲むのに今日は抵抗しています。射精をすると急激に冷めて飲めなくなるって書いていましたが、本当にそうなんですね。返事が無い管理no0001の口を開けさせ、ゴムに溜まった精液を飲ませました。飲み終えるまで少し時間がかかりました。そこで、「今日は160日目だから達成記念で射精させるつもりだったんだよ。」と真意を告げ「射精して気持ちよかったかい。」と聞きました。まだ射精の余韻が残っているのか目の視点があっていません。しかし終電の時間が迫っているので、慌てて浴室に連れて行き陰茎を再度洗い、委縮している陰茎に貞操具を取りつけ施錠しました。その後鉄枷を解錠して帰る支度させます。感想はあとでゆっくり聞いてブログにアップします。

帰る時の管理no0001の足取りは軽く明るい感じがしました。

そのあと片づけをしたりして、今は落ち着いています。今日は色々あって疲れました。私も体の芯が火照って何か変です。今日はこれでブログの記載を終了します。また後日この内容について記載したいと思います。

慌てて記載したので文章が変になっているかもしれません。後で見て修正する予定ですが、早めに報告したくてアップしました。

読んでいただいている方に感謝します。皆さんに喜んでもらえる記事が書けたらいいなと思っています。


又メールフォームに送信いただいていたのですが、途中からこちらからアドレスに送信出来なくなって連絡が取れなくなってしまった方も、しあわせな貞操人生が送れることをお祈りしています。












スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

管理no0001 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<嵐の後の余韻 | ホーム | 射精許可?>>

コメント

夜までに更新くるのかなと
ワクワクしてました。
待っててよかったです。
実況のような臨場感のある内容
大変読み応えがありました。
読んでいるだけでおかしくなりそうです。
これからも応援しています。
2013-06-10 Mon 00:35 | URL | たか [ 編集 ]
とても素晴らしい行為内容および文章に興奮しました。
また、単に興奮するだけでなく、水分補給をなさったりとか、精液が濃厚になりすぎないようにミルキングを控える配慮とか、libido-control様の優しさを感じました。それでいてご友人の女性に対して興奮したことで管理no0001さんを責めたり射精させてあげるつもりなのに管理no0001さんには寸止めだと言っておいたり、といった裏腹な態度による、優しさと渾然一体になった厳しさ、そういった様々な意図が織り交ぜられていて、そんな風に配慮してもらえたことを管理no0001さんが本ブログを読んで知ったら感激すると思います。

ところで、前に紹介した射精後の醒める状態を中和するであろう「カベルゴリン(カバサール)」のページを紹介します。

http://www.qlife.jp/meds/rx9563.html
(※この薬の安全性を私は保証出来ません。使用は自己責任でお願いします)

それにしても160日もの禁欲による射精後でも醒める物質(プロラクチン)は分泌されるのですね。でもそれが分泌されても最終的には精液を飲んだり、その前に「意思が戻ると同時に「ごめんなさい。」と謝ってき」た管理no0001さんの従順さには感動しました。もちろん、そんな管理no0001さんに厳しさと優しさの混じった愛情をそそいでくださっているlibido-control様の行為にも感動いたしました。

今後とも、どうぞお幸せに。
2013-06-10 Mon 06:17 | URL | カイ(男) [ 編集 ]
楽しみにしていただいて光栄です。
満足していただける内容かどうか分かりませんが、これからもこのブログを読んで頂けると嬉しく思います。
2013-06-10 Mon 17:54 | URL | libido-control [ 編集 ]
いつもコメントありがとうございます。
参考にさせていただきます。
2013-06-10 Mon 17:55 | URL | libido-control [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |