FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

0002無射精期間1年カウントダウン残り8日

 0002の無射精記録1年まで、あと8日です。1年経過したお祝いに射精を許可なんてあるわけ無いですが、記念すべき1年経過の際は特別な調教をしてあげようと思います。その際の経過はまたブログで掲載する予定です。このブログをかい瀬てして初めての1年越えの達成者となる予定です。
 また、このブログも開設して今年の末で2年となります。被管理者もここしばらくで一気に増えてしまいました。現時点ではメール管理が主体ですが、ようやく仕事の調整の目処が立ち年末から来年あたりにかけてすべての管理者の直接管理を目指したいと思います。

 


現在の管理状況(11月25日)

 0001  CB6000S装着    無射精期間   68日目
 0002  金属貞操具装着      無射精期間  357日目 
 0003  金属貞操具装着      無射精期間   70日目 
 0004  金属貞操具装着      無射精期間  317日目(解錠の確認が出来ない為、自己申告の無射精期間となります。)
 0005  CB6000S装着    無射精期間   --日目(管理再開に向け準備中)
 0006  PAのみ装着       無射精期間  150日目(諸事情により貞操帯等不着用。自己申告の無射精期間となります。)
 0007  金属貞操具スマート    無射精期間   79日目
 0008  金属貞操具装着      無射精期間   53日目(10月3日夢精)
 0009  管理一時停止とします。
 0010  CB6000S装着    無射精期間  111日目
 0011  NS社製貞操帯装着    無射精期間   93日目
 0012  金属貞操具装着      無射精期間   96日目(課題完遂によりペナルティーポイント残0p)
 0013  CB6000S装着    無射精期間   87日目ペナルティーポイント  残288p
 0014  本人希望により掲載を削除いたします。
 0015  CB6000装着     無射精期間   19日目(6日よりメールにての管理開始) 
 0016  CB6000S装着    無射精期間   81日目
 0017  CB6000装着     無射精期間   30日目ペナルティーポイント  残151p
 0018  CB6000装着     無射精期間   47日目ペナルティーポイント  残600p
 0019  CB6000S装着    無射精期間   30日目(10月26日射精許可により射精)
 0020  シリコン製装着      無射精期間   64日目 
 0021  現在貞操具準備中     無射精期間   10日目(15日射精許可)
 0022  金属貞操具装着      無射精期間   15日目(10日よりメールにて管理開始)
 0023               無射精期間   --日目(管理開始準備中)
 0024  CB6000S装着    無射精期間   16日目(海外被験者、9日より試験管理実施)
 0025  CB6000S装着    無射精期間    8日目(17日よりメール管理開始)   
 000A  全身貞操帯        禁欲期間    11日目
 000Ω  金属貞操具装着      無射精期間   19日目
(数字は男性、アルファベットは女性、ギリシャ文字は綾の被管理者です。)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

射精管理 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<被管理者の移籍 | ホーム | 睾丸責め(0022+0012緊急参戦)>>

コメント

はじめて書き込みさせていただきます。(チャットを設置されたとき、テストで書き込みはしていますが。。。)

無射精期間1年。
正常に射精出来るものなのかも気になるところですが…

どのような調教をされるか更新を楽しみにしております。
2014-11-25 Tue 22:34 | URL | yuuki [ 編集 ]
ゆうき様。コメントありがとうございます。
このところトラブル続きで、コメントへの回答も出来ていませんでした。

ブログを見ていただき感謝しております。拙いブログですが今後とも応援していたらければ嬉しく思います。
2014-12-03 Wed 07:16 | URL | libido-control [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |