FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

続・タックにチャレンジ

 9月1日に記載した記事の続編です。実際は直後に行われていて掲載する暇がなく埋もれてしまっていたので、06の努力の結果を報告せずには申し訳ないと思い、今更ながらですが掲載させていただきます。

 睾丸の収納場所がうまく決まらなかったもののほぼ成功したようです。

 当時の06が私に完成報告してきた内容を転記します。


 タックにチャレンジ忘れたわけではありません。
 格納場所の探索、押し込みトライアルを続けてイメージトレーニングを重ね再チャレンジいたします。
 智美さんが教えてくださった会陰部横スポットは、未だ発見には至っておりませんので、モリマン状態やむ無しか?という状態ですが、頑張ります。

 一応、できたような、ダメなような•••
 凄まじいモリマン状態•••
 正面とアップと下からとバックショットを送ります。
 智美さん、ご判定をー!


0006-1-0003.jpg

 仕事前の朝早くからチャレンジをして、そう報告してきた06に、

 『がんばったね。今日は当然そのままお仕事するんでしょ。頑張ってね。』

と送ると、06から

 「今日はこのまま•••あの、オシッコの出が大変悪く、思いっきりキバってやっとチョロチョロ出る状態で、雫を切ることも出来ず、何度トイレットペーパーで押さえてもきりが無くって。」

と愚痴のメール!!

 『愚痴多い。生理用ナプキン買ってはっときなさい。』

と返信。

 「はい、申し訳ありません。多い日夜用を買って来てセットしました。これで一安心です。グチグチ言ってすみませんでした。」

との反省メール。

夕方、私から

 『帰る前に​それ剥がしていいからね。』

と指示をして終了。その日は一日女お子の様な股間で仕事をしたようです。







現在の管理状況(10月30日)

 0001  CB6000S装着    無射精期間   42日目
 0002  金属貞操具装着      無射精期間  331日目 
 0003  金属貞操具装着      無射精期間   44日目(管理再開) 
 0004  金属貞操具装着      無射精期間  291日目(解錠の確認が出来ない為、自己申告の無射精期間となります。6月22日本人より確認)
 0005  CB6000S装着    無射精期間   --日目(管理再開に向け準備中、現在音信不通)
 0006  PAのみ装着       無射精期間  124日目(諸事情により貞操帯等不着用。自己申告の無射精期間となります。本日本人より確認)
 0007  金属貞操具スマート    無射精期間   53日目
 0008  金属貞操具装着      無射精期間   27日目(10月3日夢精)
 0009  管理一時停止とします。
 0010  (10月20日、0010現管理者から連絡あり、24日現在で75日無射精更新中)
 0011  NS社製貞操帯装着    無射精期間   67日目
 0012  金属貞操具装着      無射精期間   70日目ペナルティーポイント  残800p
 0013  CB6000S装着    無射精期間   61日目ペナルティーポイント  残288p
 0014  本人希望により掲載を削除いたします。
 0015  CB6000装着     無射精期間   --日目(管理準備中) 
 0016  CB6000S装着    無射精期間   55日目
 0017  CB6000装着     無射精期間    4日目(10月26日射精許可により射精)
 0018  CB6000装着     無射精期間   21日目ペナルティーポイント  残900p
                                (貞操帯試着の際、その刺激により射精)
 0019  CB6000S装着    無射精期間    4日目(10月26日射精許可により射精)
 0020  シリコン製装着     無射精期間   38日目   
 000A  全身貞操帯       禁欲期間     18日目
 000Ω  金属貞操具装着   無射精期間     2日目(10月28日夢精により射精)
(数字は男性、アルファベットは女性、ギリシャ文字は綾の被管理者です。)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

管理no0006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<管理の仕方は色々 | ホーム | スリップアウト>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |