FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

貞操帯による管理開始

 11は、8月24日こちらから送った鍵なしの錠で貞操帯のロックを施したようです。

 施錠直後のメールの内容は次のようなものでした。
 
 おかげさまで貞操帯に鍵が掛かりました。
 今回、送付して頂いた予備の鍵の方が、後ろの鍵穴がしっかり止まっていそうなイメージでしたので、そちらにしました。
 やはり鍵をするのに、なぜか貞操帯の方の穴に入らない感じで1時間以上かかってしまいました。
 鍵の厚みでもないかも知れません。
 (かかった鍵の写真を添付しておきます。)

 でも、鍵が出来て何か今、とてもドキドキしています。
 こんなに気分が高まるのですね。
 ある意味明日から、また別の人生が送れそうです。


 自由に射精が出来なくなったって言うのに、何を喜んでいるんでしょうね。まして装着しているのはNS社製の剛体型の完全オーダーメイド製の為全く動く隙間もないというもの。装着状態で行動するにも行動によっては制限されると言ったものなのにね。

 画像もあるので添付しておきますね。

 まずは試作品の錠を送付した際、うまく施錠が出来なかった時の写真です。

送付した試作品の錠

0011-1001.jpg

 元々ついていた鍵と比較した写真を見ると、ロックする際差し込むピンが細いようですね。

比較写真

0011-0004.jpg

施錠にチャレンジした際の写真

0011-0001.jpg

0011-0003.jpg

 厚さ等に問題があるようなので、あらためて別の錠を作成して送付しました。

新しい錠で施錠した写真

0011-0007.jpg

0011-0005.jpg

 これでもう11は射精はおろか勃起すら出来なくなってしまいまいました。01や02の無射精記録を大きく更新する可能性も秘めています。

 今後の11の活躍に期待して下さいね。








現在の管理状況( 8月29日)
 0001  金属貞操帯装着    無射精期間      0日目
 0002  金属貞操具装着    無射精期間    269日目 
 0003  管理中断中、今後再管理するかどうかは今のところ未定。 
 0004  金属貞操具装着    無射精期間    229日目(解錠の確認が出来ない為、自己申告の無射精期間となります。6月22日本人より確認)
 0005  CB6000S装着    無射精期間    --日目(管理再開に向け準備中)
 0006  PAのみ装着       無射精期間    60日目(諸事情により貞操帯等不着用。自己申告の無射精期間となります。本日本人より確認)
 0007  金属貞操具スマート  無射精期間     81日目(6月8日に夢精)
 0008  金属貞操具装着    無射精期間      9日目
 0009  管理一時停止とします。
 0010  CB6000S装着    無射精期間     --日目(8月17日以降音信不通の為、管理保留)
 0011  NS社製貞操帯装着  無射精期間      5日目(8月24日より鍵なし錠にて施錠管理開始)
 0012  金属貞操具       無射精期間      8日目ペナルティーポイント残800p
 0013  CB6000S装着    無射精期間      0日目(本日より管理開始)             
 000A  全身貞操帯      禁欲期間       19日目
 000Ω  金属貞操具装着    無射精期間      9日目(8月20日綾へ連絡あり)
(数字は男性、アルファベットは女性、ギリシャ文字は綾の被管理者です。)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

管理no0011 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<01の憂鬱 | ホーム | フィッテングの重要性2>>

コメント

お~~~~っ!
すみません。あまりに素敵なことでしたので、興奮をそのまま書き込んでしまいました(^_^;)

遅ればせながら、初めて書き込みをさせていただきます。いつもすばらしい記事をありがとうございます。

これからの11さんの挑戦を、楽しみにしております。
2014-09-01 Mon 00:52 | URL | Petka [ 編集 ]
petka様。
コメントありがとうございます。

これからも、11さんの応援よろしくお願いします。
2014-09-07 Sun 05:57 | URL | libido-control [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |