FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

疑似的女性の股間の作り方

 貞操管理の中で強制的に被管理者を女性化させ、責める為に男性の股間を限りなく女性の股間に近い状態にするために考えました。

 男性は元々胎児の時には精巣は体外には無く腹部で形成されるため身体の内部にあります。出産後数カ月で精巣は鼠径管を通って体内から陰嚢へと降りてきます。幼少期精巣が正常体内から出てこない状態が停留精巣という症状です。また、陰嚢間で降りてきた後でも刺激等で鼠径部に引き込まれるのが移動精巣(遊走精巣)という症状です。停留精巣が続く場合精巣を体内から陰嚢固定する手術を行ないます。移動精巣(遊走精巣)の場合は、お風呂や寝ている時に精巣が陰嚢にあれば特に問題はないようです。

 ここで話を戻します。女性の股間を疑似的に作るには、陰嚢内にぶら下がっている精巣が膨らみとなって邪魔をしますよね。そこで強制的に移動精巣(遊走精巣)の状態を作ります。寒くなれば精巣を寒さから守るために陰嚢が収縮し精巣を体内に引き込もうとして、精巣が股間にくっついていますよね。そのくっついているところの先が鼠径部でその奥に鼠径管(浅鼠径輪)があります。その管は元々精巣があった体内まで続いています。その管の中に精巣を押し込むようにしたあと、陰嚢の余った皮を生体テープで固定すれば睾丸による膨らみは無くなります。陰嚢の皮は本来女性の大陰唇になる部分なので、うまく処理をすれば女性の大陰唇の様に見えるように処理出来ます。後は陰茎(ペニス)を両側に大陰唇に見立てて作った陰嚢の皮で挟み込んでテープで固定すれば完了です。テープだけでは陰茎の勃起により外れる事があるのでその上から女性用のサポーターやショーツで抑えると見た目は女性の股間と同じになります。

 下記画像の様に精巣を鼠径管の方に押し上げます。実際には恥骨前にある筋肉と恥骨の間に指が二本入る空間がありますそこへ睾丸を押し込んで行きます。精巣をゆっくり傷付けないように2本の指でゆっくりと奥へ押しこめるだけ押しこみます。うまく押し込めばある程度の位置で固定が出来ます。その状態で陰嚢をうまくたたんで睾丸が入るスペースが無くなるよう固定すれば、精巣が降りて来なくなります。

000.jpg
人体模型画像を引用しています。

3e-0401.jpg
インターネット上の画像を引用。



長時間精巣を体内に押し込んでおく事は、精巣に悪影響を及ぼす危険があります。あくまでご参考程度にしてください。





現在の管理状況(12月14日)
 0001  CB6000S装着    無射精期間     34日目
 0002  金属貞操具装着    無射精期間     17日目    
 0004  金属貞操具装着    無射精期間    158日目(自己申告の無射精期間となります。)
 0005  CB6000S装着    無射精期間     11日目
 0006  SCB-53装着     無射精期間     18日目
 0007  金属貞操具スマート  無射精期間     21日目
 000A  全身貞操帯      オナニー禁止期間  30日目
 000Ω  金属貞操具装着    無射精期間     36日目
(数字は男性、アルファベットは女性、ギリシャ文字は綾の被管理者です。)
 0003については管理中断中、今後再管理するかどうかは今のところ未定です。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

人体の仕組み | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<疑似的女性の股間の作り方(実践編) | ホーム | 綾の管理者デビュー報告+α(雑談)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |