FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

ちょっと一息(さぼり過ぎってww)

 このブログで射精について色々書かせてもらっています。単純に陰茎刺激して射精する仕組みは物理的な条件反射的な物であって簡単にメカニズム的に理解できるけど、それ以外で射精をさせるやり方を追求すると精神的なものが絡んできて、個人によって逝ける人逝けない人とかが出てきて、また感じ方、エクスタシーの度合い、射精後の脱力感、射精できる回数等も一人一人違います。射精の至るプロセスって違うんですよね。
管理するに当たり、まずは個人個人の最高の射精の快感が得られる射精方法を見つけ出し、常に煽り、焦し、欲情させ毎日射精のことしか考えられないように、個々別々に日々データを集積して皆が桃源郷をさまよっているような管理していけるよう頑張りたいです。
 まだまだ個人ごとの違いが分からない管理者ですね。
 ただ射精を我慢させるだけではなく、飴と鞭のタイミングも人それぞれ違うことを頭に入れ精進したいと思います。

 やはり人体学的にみると、基本理論的な物はあってもそれがすべて当てはまるかと言えば違うような気がします。
 
 今、話の途中のペットちゃんにしても、何も刺激しない(厳密的には苦痛を与えている?ような刺激は与えていますが・・・。)状態で射精出来る人って少ないのではないのでしょうか。又射精の仕方も飛び散るような射精では無く、したたり落ちるような。

 私の知識からすればその射精はミルキングに似たような射精の仕方?


 ひょっとして巨大なアナルにディルドが嵌められているので精嚢を圧迫している状態でドライオーガズムによるエクスタシーで括約筋の収縮が起き、筋肉とディルドで精嚢がうまく圧迫され、自分でミルキングをしているような効果を伴っているのかもしれないですね。
 あくまでも仮説ですが・・・。(ペットちゃんが痙攣している時に精液が出ていたのでそう感じました。)
 管理no0002もアナルへの前後の刺激で射精しますが、ペットちゃんとはまた少し違うように思います。


ガリレオ(福山雅治)風に言えば、

「わからない。」

が、

「実に面白い。」

ですね。


すべて射精について仮説が証明出来れば、男を操ることは夢じゃないかもしれませんね。





下記画像は広告です。本編内容とは関係ありません。




スポンサーサイト
[PR]

雑談 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |