FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

巨大ハリケーン通過中

私の友達はいつも私の予想を上回っています。

クラブやバーなどにも行ったことはなく、初めて女性の体をした男性を見ました。

生でニューハーフっていう人たちを見れて幸せです。

結構楽しませてもらいました。


記憶が鮮明なうちに続きを書きたいのですが、仕事の都合でもう少し時間を下さい。




待望?の続きです。

貞操帯を横から確認するとわずかの隙間に筒状のものが付いています。

顔はどう見ても完全に女性です。

「ニューハーフ?」

友達に聞きました。

「そうなるのかな。」

あいまいな答えだった。


ここで初めてペットちゃんとの関係を聞いてみた。

聞くとペットちゃんは元彼氏と言うことでした。

始めからニューハーフでは無く、友達と付き合いはじめた時にはその気もないれっきとした男性だったとの事でした。

ある時彼氏が友達の隙をついて浮気した事があり、友達はSっ気が元々強く、ペットちゃんは友達を裏切った代償として、友達の傍においてもらうかわりに、その間は貞操帯を装着する約束して現在に至っているとの事でした。



話は前回の話から脱線しますが、ペットちゃんがこうなった経緯について引き続き書いていきたいと思います。



浮気がばれ、友達から別れるか、貞操帯を付け友達のペットになるかの選択を迫られ、貞操帯の着用しペットになる道を選んだようです。

ペットちゃんが自分の意思で友達のもとを離れない限り、貞操帯の鍵は友達が管理し友達の許可なく解放されることはないそうです。

別れを選べば解放されるのに、未だこうして貞操帯を付けているのは彼女が好きか貞操帯にとりつかれたかのいずれかですね。

実際浮気をしてすでに3年ほどになるそうです。

ってことは貞操帯を装着されて3年間、このハードな貞操帯を付け続けているってことになるの?

そのわりには貞操帯長期装着による擦れ傷はない。

友達に聞くとこの貞操帯は、今回の様にペット連れて外出する際の正装の様です。

話がどんどん脱線しそうなので、ペットちゃんの普段の生活については、又書く機会があれば記載したいと思います。

ここからはペットちゃんに直接聞いた話です。(本人の許可を得て掲載しています。)

ペットちゃんは3年ほど前彼氏であった時に、友達を裏切り他の女性と情事を楽しみました。

それが友達にばれ、友達に支配されるか、友達と一生縁を切るか。2拓を迫られました。

ペットちゃんは、友達に支配される方を選びました。

その日からペットちゃんは友達に射精の権利を奪われました。

友達の支配下に落ちたその時から現在に至るまで、一度も友達とSEXは出来ていません。もちろん他の女性となんてもってのほかです。

友達に支配される方を選んだその時点から、貞操具装着され一切の射精を禁止されたのです。

貞操具が外されるのは、貞操具の清掃の為だけです。

今まで自由奔放に射精をしてきた彼にはとても苦痛な状況だったそうです。

射精を禁止され、禁欲を始めて1週間程過ぎると貞操具の中でペニスは常に半勃ち状態で、常に睾丸は疼き、射精のことしか考えられなくなり、仕事も手に付かず、会社から解雇されたそうです。

会社から解雇されたことより、射精がしたくてしたくて我慢がならず彼女に「仕事が出来るようにしたいので射精をさせてほしい」と仕事が出来ないことを理由に射精を懇願すると、友達から「一生私に関わらないで、目の前に姿を見せないなら貞操具を外して自由にしてあげる。」と言われたようですが、解放されれば彼女と会うことは出来なくなり、浮気はしたが彼女が好きで別れたくはなく、我慢するしかなかったようです。解放を望まずそのまま管理されることを希望すると、普通の仕事が出来ないなら食べさせてあげるからメイドとして働くようにと彼女の家で生活するようになったそうです。

その日から家の中では貞操具だけの裸で、両手は後ろに拘束され、両足にはバレーシューズを履き、歩幅を制限する鎖で両足首を繋がれた生活が始まったそうです。
彼女が家にいる時はメイドとしての仕事をするため左手のみ拘束を解かれ、左手一つで行動するようになったようです。

友達が仕事でいない時は部屋の中で一人留守番です。
首には首輪が付けられリードが繋がれ部屋の中は自由に動き回れるが、両手は後ろ手に拘束され、脚は短い鎖で繋がれた上に慣れないバレーシューズでバランスが悪く立ち上がって歩き回るのも足先が痛いので膝立ちで歩く生活。トイレは部屋の隅においてある。大型犬用のペットシートの上にしか出来ない。
部屋は6畳で部屋の隅に鉄製の立派な檻が置いてあり檻の中には毛布が敷いている為中で寝ることは可能な状況で、檻の横には食事用の犬用の食器、中にはケロッグ等毎日飽きないように違うドライ食品がおいてあり、その横には水の入ったペットボトルが取り付けられたウォーターノズルが設置されている。反対側の隅にはトイレ用のペットシートがあるだけでテレビも何もない。
友達が帰ってくるまで何もすることはなく、部屋にはなにも無くて一人ではさみしいだろうと言って、友達が自分の姿が見えるように壁の一面に鏡を貼ってくれたのが、逆に自分のみじめな姿が映って恥ずかしく、ひたすら射精の事ばかり考えるが、どうする事も出来ない被虐心に襲われ酔いしれているうちに、女性の体が見たくて仕方がなってくる。
自分が女性の体になれば、毎日鏡で見て楽しめるという単純な思考から豊胸手術か女性ホルモンを購入する事を友達にお願いしたら、友達は「止めた方がいいんじゃない。」と言われたが、どうしても自分欲望が抑えられず、友達を押し切り許可をもらい、今のような女性のような姿になったそうです。

そんなことをしなくても、解放してもらえば自由に射精も女性とのSEXも出来たのにと聞くと、何より彼女と離れたくないし、無理やり女性にされ逝きたくても逝けない惨めな自分を見たいという願望が生まれ離れなくなったからとの事でした。

今は女性の体にはなって、とても幸せを感じているそうです。ただ女性の姿にはなっているが、男性の心は失っておらず女性に興味があることに変わりはないとの事でした。


すごく脱線した話になりました。m(__)m


本編の続きはまた別の記事で。




又ペットちゃんから聞いたいろんな面白い話も機会あれば掲載します。

気になったから聞いてみたけど。ペットちゃん両親にはその姿になったこと伝えて、今ではしぶしぶながら理解はしてもらっているそうです。




下記画像は広告です。本編内容には関係ありません。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

友達 | コメント:2 | トラックバック:0 |

巨大ハリケーン襲来?

長い間お待たせしました。

まだ全て完成していませんが、冒頭だけでもアップしたいと思います。

文才が無いので、小学生の作文の様になってしましました。

m(__)m





土曜日の夕方5時頃予告通り友達が家にやってきました。

 家に訪れた彼女は一人で、事前に聞いていた「ペット?」は連れていませんでした。
ブルーのサテンのブラウスに股下5cmくらいの白のタイトミニスカートの悩ましい姿です。相変わらず悩殺的な服装です。
 来るなりすぐに出掛ける準備をしてほしいとの事です。いつもながら慌ただしい彼女です。彼女に出掛ける準備をしました。と言うよりたぶん彼女が来ればすぐに出掛けることになると予測し、すでに準備は出来ていました。
 彼女は昼過ぎにはすでにこちら着いていたようで、「ペット?」はすでにログハウスにおいてきたとの事でした。外に出て彼女の車に乗り移動します。30分ほど走ってログハウスの宿泊施設に付きました。
 ログハウスに着いて中に入ると、膝上10cmフレアスカートにオーダーメイドの全身貞操帯を付けた女性が玄関で出迎えてくれました。

 「ペット?って女性だったんだ。」そう思うと同時に、「友達ってそっちの気もあったんだ。」って考えながら、ログハウスの中に入り、リビングにあるソファーに腰をかけて一息つきました。
 ペットちゃんが珈琲を出してくれます。玄関ではあまりよく見てなかったので改めてペットちゃんを見ます。ペットちゃんは身長は履いているハイヒールの分を除けば165cm位で、スリムな体型、肩までのセミロングの髪型、鼻から下はマスク式の猿轡で見えないが目は二重でとても美人な顔立ち、首には幅5cm程のステンレス製の錠付きの首輪、Bカップほどの胸には錠付きのステンレスのブラ枷型の貞操帯、右側二の腕には錠付きのステンレスの腕輪が巻かれ、その腕輪はブラ枷の脇にあるリングと錠で直接繋がれ、ブラ枷から腕を離すことを封じられ、更に右手首を背中に回して右手首に付けている錠付きのステンレスの手枷がブラ枷の背中のリングに錠で固定されおり、右手は動きを一切封じられている。
 左手は二の腕に錠付きステンレスの腕輪と左手首に錠付きの手枷は付けられているが、固定はされてはいない。
 下半身には淡いピンクのフレアースカートを着用して、スカートの上部分に
貞操帯の腰ベルトが見えており、貞操帯がされているのが分かる。スカートではっきりは見えないが両側太股にもステンレスの腿枷が巻かれて腿枷同士鎖で繋がれている。足にはバレーシューズ型のハイヒールを履き、足首にも錠付きのステンレスの足枷が付けられ、20cm程の鎖で繋がれ、足を鎖の長さ以上に離すことが出来ないようにされている。かなり厳重な拘束である。
 しかしペットちゃんの拘束された装飾品を見れば見る程、かなりお金が掛けられているのが分かり、友達が相当このペットちゃんに入れ込み可愛がっているっかてことがわかった。
 ペットちゃんは最低の作業がこなせるように左手は自由だが、利き腕の右手は自由を奪われ、ただでさえ立つことが困難なハイヒールを履かされ、20cm程の鎖でつながれている為歩くことも困難な状況で、メイドのような作業をこなしている。
 私に珈琲を出した後は、壁際に移動し自由な左腕を背中に回し、両腕を後ろ手に拘束されたような姿勢でこちらを向いて立っている。全身の拘束さえなく普通のメイド服をきていたなら、よく躾されているメイドのそのものだ。

 てっきり私は連れて来るペットちゃんが男と思っていたので、少し気が抜けた状態になっていました。私の友達はこのログハウスに着き次第、ペットちゃんに私をもてなすように伝え、ちょっと準備があるからと言ってログハウス内の別の部屋に行ってしまったまま、まだ戻ってきていない。

 待っている私はする事がないのでペットちゃんに何か話を聞こうと思ったが、錠付きのマスク式の猿轡で声が出せないようなので、珈琲を黙って飲むことしかすることが無かった。
 テレビはあったが、見るような心境じゃない。ペットちゃんを見ると忠実にこちらを向いて直立不動で私の方を見ているので、私はなんか落ち着かない。
 珈琲を飲みながら、「女3人で何をするのかな、レズでも楽しむのかな、それとも私の管理している二人を呼び出せって言うのかな。呼び出せって言ったって仕事とか私生活あるからすぐには呼び出せるかわからないよ。」等と考える。
 そんなこと考えながら、ペットちゃんを見ると本当に微動だにせず立っている。「あのハイヒールで立てるだけでも苦痛だろうによく躾されているな。」と改めて感心した。
 「友達は本当の女王様だね。よくやるわ。どうしたらいいかくらい言ってから、準備しに行ってよね。」等と考えて珈琲を飲んでいるうちにカップの中の珈琲が無くなった。
 珈琲が無くなったカップをおくと同時にペットちゃんが近づいてきて、珈琲のおかわりがいるかと尋ねるような仕草をする。本当によく躾されている。
 折角だから珈琲を入れてもらった。珈琲を入れると元いた壁際まで移動し、また左手を背中に回しこちらを向いて立っている。「一体どういう躾してるんだろう。私なら絶対あんなこと耐えられない。」




 文才ないから、そんときにあった事や思ったことを思い出して書いてます。読みにくかったらごめんなさい。



 落ち着かない状態で、しばらく待っていると友達が別の部屋から出てきました。この前のように女王様スタイルでは無く、割とラフな普段着スタイルに着替えてきていたので、壁際に立つペットちゃんを除くとごく普通に友達とログハウスに遊びに来た旅行って感じです。
 友達はペットちゃんには目もくれず、私と普通に会話をする。放置プレー?。
 ペットちゃんは女性、しかも今は特に責める様子も無く、放置プレーだけ。
 何を求めていたのか自分でもわからないけど、嵐のような週末になると思った私は拍子抜け。その後もペットちゃんの事には触れず普通の話だけ続ける。
「ホントにただ遊びに来ただけ?」
友達は気にしていないが私はすごく気になる。ペットちゃんを見ると全身から汗がにじみ出している。それに少しゆらゆらとしている。「ログハウス内は空調が聞いていて、決して汗をかくような暑さでは無い。あんな不自然な姿勢で直立不動しているからだ、いつ倒れてもおかしくない。」私が友達の話を聞かずペットちゃんに気が行っているのを見て、友達はペットちゃんに「まだ1時間やそこらで根をあげるんじゃないよ。」って言いながら時計を見た。そのあと私の方を見て「こんな時間か、食事にしようか。」と言ってきた。
私も時計を見ると夜7時半を回っていた。
私はペットちゃんを気にしながら、
「そうだね。」って言うと、友達から部屋の窓際にあるテーブルに移動するように言われた。
私と友達がテーブルに移動しすると、ペットちゃんがゆっくり動きだす。唯一自由な左手で運んで、高級料理店の様にウェイトレスのようにワイングラスやコルク抜きフォークやナイフを並べてゆく、一通り並べた後部屋にある冷蔵庫から事前に準備したあった。ワインやオードブルのようなものを順番に準備してくる。片手なのにかなり手慣れた感じがある。「この二人どういう関係?、ペットって言うくらいだからいつも一緒にいてやらされているのかな。でも本当によく躾けられているよね。」
 友達はテーブルに置かれたワインのコルクを抜いて、私とレストランで食べているように普通に私に話をしてくる。
「傍から見れば異様な光景だとおもう。頭がおかしくなりそうだ。小説の世界にいるみたい。私、友達にマインドコントロールされてる?」等と思っている間に食事の準備が出来たようだ。冷蔵庫の中のものばかりなので温かいものが無かった。まあ仕方ないかと思って食事を始めると、ペットちゃんはどこかに移動していて視界から見えなくなったので、少し現実に戻り落ち着く事が出来、食事を食べながら友達に、ペットちゃんのことを聞くと、「後からちゃんと教えるから。」と言ってそれ以上は教えてくれない。
 そうこうしていると、ペットちゃんがお皿にステーキを入れて持ってきた。盛りつけはなく焼いたお肉だけ載せた素っ気ないものではあったが、片手でステーキ焼いてきたことに私は驚いた。でも温かいものが食べれて嬉しかった。




 ここまで読んでくれてありがとうございます。なんか小学生の作文のようで恥ずかしいです。




 
 すべての準備が終わると、またも元いた壁際にこちらを向いて立っている。私たちが食事を終えると、また動きだし食器類をキッチンへ運んでいった。さすがに片手では皿を洗うことは出来ず運ぶだけだった。
 ペットちゃんが不要な食器類を運んだあと、友達がペットちゃんを前に立たせ、履いていたフレアスカートのファスナーを降ろして脱がせる。全裸にバレーハイヒールにステンレス製の全身貞操帯以外の衣服がはぎとられた。
私は友達と反対側に座っていたのでペットちゃんの後姿を見る感じなった。綺麗なお尻をしていた、お尻の穴付近には円形のステンレスのものがあり、お尻を割るように股間に延びるベルトに固定されている。たぶんアナルにプラグを挿入されて固定され抜けなくされていたようだ。貞操帯の真下あたりから透明な液体が糸を引いている。

「感じてたんだ。この人。こんなことさせられて。」

友達に言われペットちゃんが180度向きを変え、私に正面を向ける姿勢になった。

とても綺麗な流線形のスタイル。

「あれ!」

さっき方向を変える時貞操帯の前面と恥骨の間に何か筒のようなものが付いていたような。

私は少し角度を変え貞操帯の横から覗き込んで見ると恥骨の前あたりやはり筒のようなものが付いている。これって男性用の貞操帯では・・・。

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

「え!男?」


長くなりそうなので次はまた次回に記載します。




下記画像は広告です。本編内容には関係ありません。

友達 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ご報告

今、前にこのブログに登場した友達から連絡ありました。

今晩からペット?を連れて来るそうです。

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

今夜から嵐に見舞われる模様です。






下記画像は広告です。本編内容とは関係ありません。

友達 | コメント:0 | トラックバック:0 |

男性と女性の感じ方

昨日管理no0002の逝き方普通とは違い、射精とは違う快感を得ていたことから、今日は男女の性感について記載したいと思います。



男女のオーガズムの違い

ある著書によれば、男性の性反応は急激に高まり、射精によって瞬時に冷めて余韻も残らないと言った単純であるに対し、女性の性反応はゆっくりと時間をかけ快感が高まっていきオーガズム(絶頂感)に達した後もゆっくりと冷めていき、感じ方も多様である。

快感時の脳波においても男女での差がある事で、決定的に違いがあることが分かっているようです。オーガズムに達している時女性は強いシータ波が脳全体に出現するものの、男性ではごく限られているだけで、その範囲は女性の10分の1程度にすぎないそうです。

具体的のどのように違うかということは人の感覚のみしかなく、現在の科学では具体的に測定する方法はありません。しかし明らかに女性の方が強い快感を得ているというのは事実のようです。実際女性のオーガズムをそのまま男性の脳に伝えることが出来れば男性はショック死するとも言われています。

またある一説では女性の方が快感が強い理由として、妊娠と出産が原因とも言われています。自然界に妊娠と出産は生命にとって非常危険な行為で、妊娠中は危険な外敵から逃げるのにも苦労をするし、栄養も胎児に分け与え続け生理学的に身体に大きな負担を強いられ、出産では外的に狙われやすく出血、痛みその他身体に大きなダメージを与えられます。

生命を継承するという意味では必要なことで、ただ生命を継続する為だけに性行為をしなければならないのであれば、苦痛を知らない間は性交渉が出来ても、出産を経験した以降はあんな苦痛は二度としたくないと思うが普通です。

実際性行為時にその苦痛がよぎれば、冷めてしまって性行為には至らないでしょう。

しかし脳は本能として性行為をする前から脳内に快楽伝達物質を出し、脳神経を麻痺させることで、その後の苦痛と比較する事無くその快感身を任すことが出来性行為に至れるようにしています。

神様がいるかどうかは分かりませんが、その苦痛に見合う代償として女性にはより強い快感が与えられているのではないでしょうか。

又男性の快感も本能からなっているように思われます。

自然界において性行為中はとても無防備な状態です。

性行為中に外的に襲われる危険を回避するには、出来るだけその瞬間は短い方がいいに決まっています。また性行為が終わればすぐに戦える状態になっていなければなりません。余韻なんかに浸っていては身が危険ですよね。

その為男性は射精の瞬間冷静に物事が判断できるように、「プロラクチン」が分泌され急に冷めるようにプログラムされているのですね。

女性が余韻に浸っていられるのは余韻に浸っている間、男性が子孫を残すという概念で考えれば自分の遺伝子を与えた子を産んでもらう女性が、外的に襲われるのを黙って無視する事はないからかもしれませんね。

余談ですがこの内容からすれば、生命学上男性は早漏で本能的な物で、早漏の方も悲観するべきものではないのかもしれません。


ドライオーガズムで達した人は見たことはないので、本当かどうかわかりませんが、ドライオーガズムについて書いているサイトを見ると、ドライオーガズムでは射精しなくて何度も逝けるとのことですね。また性欲は減退せず、射精したように冷めていないようですね。
ミルキングでは私の経験上、性欲が減退したり急に冷める様子は窺えません。
ドライオーガズムでは射精とは違う快感は得られるが性欲は減退しない、ミルキングは快感はなく精液は出るが性欲は減退しない。となると、性欲減退物質「プロラクチン」は射精した快感の時のみ出ていることになりますね。
ということは、性欲減退物質「プロラクチン」は射精反射と共に分泌される可能性が高いですね。

因みに昨日の管理no0002の場合を検証してみると、アナルを犯して精液は出るがミルキングの様な出方。快感を得ているがドライオーガズムのようなもの。陰茎は刺激していないから射精反射が起きていない。
となる昨日の辻褄があって来ますね。
以上の見解は学説では無いのであくまで私個人の見解ですが。



アナルを犯しても、性欲や射精を欲する感覚が残るなら・・・。

何か新しい責めが出来そうな気がしますね。

でも他のブログ等見ているとアナルを犯して勢い良く射精するとか、乳首への刺激だけで射精するとか、全く刺激を与えていなくて言葉だけでも射精が出来る人がいるようですね。その射精は射精反射による射精をしているってことですよね。
精神的要因だけでもいける人もいるってことか。

感じ方も人それぞれってことですね。

ドライオーガズムに対しても勉強したいと思っています。
女性には前立腺はないので、アナルや前立腺を開発していない、今度no0001を使って検証してみようと思います。



下記に男女のオーガズムの感じ方のグラフを添付しました。男性のオーガズムに至る曲線は男性は単調であるのに対し、女性は多種多様ですね。
又、グラフは感じ方をグラフししただけで、時間関係はなく、性的興奮を始めた時期が一緒であれば、男性の方が早く絶頂点に達するので、女性はまだ興奮期位で到底オーガズムには程遠い状態であると言えます。


20110923_30.jpg
上記画像の転載について、著作権を侵害する目的で掲載していません。転載不可の画像であればご連絡下し早急に削除致します。




別の話ですが女性のクリトリスは飛び出している部分だけではない事をご存知ですか。

飛び出している部分は氷山の一角で実は身体の中に大きく広がり膣を挟み込むように形成されている器官なのです。この件は後日掲載することにします。


下記画像は広告です。本編内容とは関係去りません。




人体の仕組み | コメント:2 | トラックバック:0 |

前途多難

久しぶりの更新です。

今日は管理NO0002の定期メンテを行ないました。

特に貞操具による健康的な問題も無かったのですが、一人で隠れてアナルに嵌まっていたようで、アナルで射精することをマスターしてしまっているようです。

監視の目が届かないとは、管理者としてまだまだ未熟ですね。

為しにディルドでアナルを犯してみました。

陰茎は貞操具の中で委縮したままで大きくなっていないのに、陰茎の先からドロドロと精液を垂らしながら、全身を痙攣させています。

精液の漏れ方はミルキングのようですが、ミルキングと違って明らかに快感を得ています。

ただ、普通の射精のような感じ方ではなく、女性が軽く逝ったような感じでした。

本人に聞くと、やはり普通の射精とは感じ方が違うらしいです。

普通の射精は爆発的に快感に襲われすぐに冷めるそうですが、アナルで逝くと射精する前からゾワゾワとしたむず痒い感じの快感に包まれその後精液が漏れている間だけでは無く精液が出た後にも快感が続くそうです。
ただ射精の時のように爆発的な快感と違い、何か物足りない続けてその快感を得たいという気持ちが続くそうです。(何か女性の逝き方に似てますよね)

射精欲が無くなっていないので、その後もアナルを責めて見ました。

ある程度責めると全身が痙攣して精液が漏れます。

その後も責め続けます。

5回程痙攣する度に精液らしきものは出ていました。その後は痙攣するだけで何も出てきません。

ただアナルを責め続ければ続ける程、際限なく逝けるようです。

管理NO0002の射精欲はあれだけ精液を垂れ流していながら通常の射精と違い減退していません。それどころか更に逝かせてほしいとせがむほどです。

前立腺刺激によるドライオーガズムにミルキング効果で精液が絞り出されているのかな。

まだまだ男性の体には未知なところがたくさんあります。

どこで見たかわかりませんがドライオーガズムでは何度でも軽く逝くことが楽しめ、最後に射精をして満足できると言った内容をもにした記憶があります。
最後の射精が無いと物足りないのかもしれないですね。でも管理NO0002は射精する精液が無いし、陰茎刺激による射精反射が起きていないため、満足が出来ないのかもしれません。

本人は普通の射精よりこちらの方が気持ちいいそうですが、物足りなくていつまでも止められないそうです。

これはこれで違った意味で地獄なのかもしれないですね。

管理NO0002の管理には、アナルに物を入れられない様にする工夫が必要ですね。

後から考えてみます。




下記画像は広告です。本編内容とは関係ありません。


管理no0002 | コメント:0 | トラックバック:0 |

申し訳ありません

今週は、管理no0001も管理no0002も出張に出ている為することがありません。
まあ私も仕事が忙しくてちょうどいいのですが。

ブログを読んでくださっている方には楽しめる記事が書けないですみません。

来週にはよい記事が掲載できると思います。

m(_ _)m





下記画像は広告です。本編内容とは関係ありません。

雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

京都の昼下がり

今のところ、友達が来るのは来週になりそうですね。
って言ってもいきなり近くまで来ていて連絡がある人なので、まだ分かりませんが。
今は管理ですることが無くて暇です。仕事の合間を縫って、ネットで管理に役立つ資料の収集や射精や快感について勉強しています。射精をさせないでいて、なおかつ男性が喜ぶ方法がないか等、課題はいっぱいです。

今仕事で京都に来ています。人通りも多く、外人さんもいっぱいです。
これだけ人がいるのに知り合いには全く会いません。

そんな中で嗜好や趣味のあった人と出会えるって貴重ですよね。
これだけ沢山の人の中で出会えたことは本当に素晴らしいことだと思います。
人生で知り合える人は限られており、その中でも仲良くなったりする人は一握りですものね。

なんか哲学的になってしまいました。
哲学的というより感傷的と言った方があってるのかな。

さて、この数多くの人の中で何人射精を管理されたいと思っている人がいるのでしょう。
貞操帯や貞操具をつけて歩いている人もいるはずです。

また、管理されたい人と、管理したい人がすれ違っているかもしれません。
人の心は見えないので、すれ違っていても分からないですよね。

って仕事しながら何を考えているのでしょう。

すべての出会いに感謝して今日も一日頑張ります。












下記画像は広告です。本編内容には関係ありません。



雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ご報告

先程連絡がありまだはっきり決まっていませんが、今週か来週の日曜日に、この前ブログで紹介した友達が、愛犬?を連れて遊びに来るそうです。
来れば嵐が吹き荒れるのは間違いないと思います。
その際は許可を得てブログで紹介させてもらおうと思っています。




下記画像は広告です。本編内容とは関係ありません。

友達 | コメント:0 | トラックバック:0 |

精巣上体部の構造

前回、射精の仕組みを説明しました。
(あくまで自主勉強による内容なのでどこまであっているかは、分かりませんが。)
精巣(睾丸)で作られた精子は、精巣上体部に移動し蓄えられるという内容でした。
今日は精巣と生体上体部について記載したいと思います。

精巣及び精巣上体部の画像

image111.gif

308-309.png
画像はインターネットで公開されている画像です。転写不可のものであればご連絡ください。早急に削除致します。

精巣上部って結構長いのですね又折り重なっていて睾丸のかなりの部位を占めているのも分かります。
単なる細い管で末尾が膨らんでいる程度に思っていました。
精巣で作られた精子がこの長い管をゆっくり成長しながら進んで行き、精巣上体尾部まで進んで蓄えられるということです。
(丁度、高速でいえば精巣上体部尾部あたりが出口のゲート前にあたり、射精の瞬間までこのゲートが開かないので、この狭い管の中に精子が次々と押し込められて渋滞していくわけですね。)
精子が射精した後、女性の体内での寿命は3~7日間で、体外では数時間で死滅すると言われているようです。精巣上体尾部での寿命については現時点で確実とされている記載は見つけることは出来ませんでした。

計算しても意味ないけど計算してみました。(冗談程度に見てください)
精巣上部には約10億個の精子が貯蔵が可能されると言われています。前回の説明内容によると精子は精巣上体尾部に到着するまでの最大12日で完全な精子へと成長するわけですから、精巣上体尾部先端に到達するまで約12日位はかかるんだよね。製造量が5000~1億として、計算すると最大の場合12日で12億になるから、出さなければ、すでに許容量を2億も超えていることになります。
最大量の精子を生産する人なら、1回で射精する精子量も最大の4億放出するのが可能だから、1回射精すると12億から4億引いて8億となり、2億のスペースしか出来ない。それも2日で許容量に達しますよね。
実際は計算通りのわけもなく、計算通り精子が出るわけでもないのでこの計算はさほど意味はないように思います。

簡潔にいうと製造量が多ければ多いほど、1日1回は射精しないと許容量オーバーになってしまうということですね。

尾部に到着した精子が3日~1週間生きているとして、最大量で生産され続けた上に射精出来なければ、すぐに許容をオーバーしてしまいます。当然精子が死滅し体内に回収されるまで期間があり、その間に精巣上体部の許容量を超えた精子は無理やり、精巣上体尾部から精管に押し出され尿道に進んで尿と一緒に排出されるわけです。それもあくまでも身体保護の為の緊急処置で、漏れ出たからと言って許容量一杯なのは変わらない。

ここで精液の主成分の精嚢液や前立腺液があれば、射精反射が起きて夢精をしてしまうのでしょうが。
(ここはミルキング(搾精)をして、そうならないようにケアしてあげましょう。それが管理者の務めだと思います。)

1回の射精で1億~4億の精子が放出されるらしいから。1回射精すれば1日か2日分のゆとりが出来る。でもまた製造され精巣上体部が満杯になると射精したくなるだろうね。
仮に精子が最短3日で1億の精子が死滅し体に吸収された場合、生産量最大数と差し引きゼロだけど、満杯なのには変わりない。実際はもっと生きているだろうから、精子が生産され続ける限り、射精の許可がないと常に精子は身体の緊急措置による漏出でポタポタと垂れ流し状態になるわけです。
やはり男性は常に射精しなければならない性の持っているのですね。
長い間射精出来ないとと体が危険を感じ精子の製造を減らそうとするのでしょう。それを減らせないように精子の元になる薬剤や成分を飲ませると製造の効果が下がりにくく、射精欲を煽る効果が増しますよね。

精巣上体部尾部は位置的の睾丸の裏あたりです。射精を我慢させていると常に疼いている部分に近いですね。精子が溜まると睾丸が大きくなっているんじゃなくて睾丸にはりついてる精巣上体部が満杯で膨れているということですね。
(精巣上体部を気づ付けない程度に圧迫し、より射精感を煽ることも可能かもしれません。又、管理しているものに試して結果を報告します。)

今管理している二人は最近射精させていますので、また長い禁欲生活に励めるでしょう。
これからは毎日精子の製造を助けるため、亜鉛、コエンザイム、プロテイン、精子の製造を高める胃腸薬(エビオス)等を摂取させるように致しました。管理no0001煮は始め飲ませていましたが、途中で止めてました。
常用は前からそうしたいとは思っていましたが、日常生活まで干渉しない条件だったので強制していませんでした。
管理している二人に聞くと、健康にいいものなので服用は問題ないので飲むことを了承してくれました。
上記の人体的に考えると、その行為がいかに自分を苦しめる結果になるか分かった上で、飲むのですから立派ですね。尚、承認すれば許可なく途中で止めることは出来ない条件での服用です。

その他医薬品について、現時点においては、人体の影響を考え、今は栄養補助食品を主体でやっていきたいと思います。いずれ考える時が来るかもしれませんので、知識等あればご教授お願い致します。参考にしたいと思います。



下記画像は広告です。本編内容とは関係ありません。




人体の仕組み | コメント:4 | トラックバック:0 |

興味本位の検証

先日、管理no0001の失神する程の射精を見て、過去某サイトにて長期間射精しないで射精すると「ビックオー」と言う名の腰の抜けるようなすごい快感を得て射精に至ると。その快感を体験すると、その後普通の射精では物足りなり、その快感を得るため自分から管理を希望するようになる。といった内容を読んだことを思い出しました。


実際にどうなのでしょう。昨日は朝から暇でそんなこと考えていました。
しばらく考えていると急に試してみたくなりました。丁度昼を過ぎたところでした。
射精管理において日常生活までは干渉しないという条件なので、とりあえず管理no0001に連絡して夜の予定を聞きます。
どうやら夜は時間が取れるようです。
日常生活に支障を来たさない事が分かれば、ここからはほとんど強制です。私の好奇心の為に従ってもらいます。



約束の時間になり指定した場所に、管理no0001がやってきました。いきなり呼び出したのに喜んでるような感じでした。
まずメンテナンスでは無いので、一人でシャワーを浴びてもらい体や貞操具を綺麗にしてもらいます。シャワーを浴びて出てきた管理no0001を縄で縛ります。
今日は試したい事があるので縄で拘束します。
管理no0001には何をするかは伝えていません。縄で後ろ手にいきなり縛られ、貞操具の中で陰茎が大きくなります。この前の事思い出しているのでしょう。気にとめず上半身を縛った後、柱に立ったまま座れないように固定し、両足も揃えて足首とひざの上を縛り柱に固定します。
直立した状態で身動きとれない状態です。
更に猿轡はかませず目隠しだけ行ないます。

その状態で何も言わず放置して、私は淡々と準備をします。
まず一つ目に確認したい事を行なうため、貞操具の中でビンビンになった陰茎を解放する為、貞操具の鍵を解錠し、貞操具を外します。
メンテ以外で貞操具を外すことは今までなかったので、増して何も言わずいきなり外したので少し焦っているようです。何かを言おうとしたので、口元を押さえ「私が聞く以外何もしゃべるんじゃないよ。」と釘をさすと、黙って静かに頷きます。その反面、貞操具から解放された陰茎はビンビンに勃っています。採取した精子は飲ませるので、その上から薬剤を落としたゴムをかぶせます。
「データーを取りたいから、今から何をしても逝くんじゃないよ。」と言って陰茎を扱き始めます。
当然最初から逝かせるつもりなので、我慢なんて出来ないでしょうが。(笑)
「逝ったら1年射精禁止だからね。(もちろんそんなペナルティーは嘘です。逝かせる気でやるので我慢できるはずないんですから。)」と脅します。
何も言わず扱き続けます。必死に我慢していますが、1分ほどで「あ!」っと声を出すと同時に射精をしていました。この前出したばかりなのに量は多めです。しかし、この前と違い精液はドロっとしていません。精子がそんなに溜まっていないせいでしょうか。
分かってやっておいて「誰が逝っていいと言ったんだい。」と追い打ちを掛けると、
「ごめんなさい。」と答えます。
「まあ、ペナルティーはおいといて、逝けたんだから気持ち良かったんだろう。」って聞くと、
「はい。気持ちはいいんですが・・・。」と答えますが、何か怪訝そうな雰囲気が感じ取れます。
「気持ちいいのに不服があるのか。」と聞くと、
「何か物足りない感じが。」と口を濁します。

やはりあのブログの内容は正しいのかもしれません。射精してすっきりはしているが、なにかモヤモヤが残るようです。

わざと意地悪で「私の扱き方が下手と言いたいのかい。」と言うと、
「いいえ。そんなことはありません。」と言い終わるとほぼ同時に猿轡かませます。いきなり声を塞がれ慌てます。猿轡をした後ゴムを外し、先程の射精で採取した精液をグラスに移します。

ここから2回目に確認したい事を行ないます。射精を1回させてしまえば同じです。前から試してみたかった連続射精にチャレンジしてみます。

射精した直後で、まだ完全に収縮していない陰茎に新しく薬剤を落としたゴムを被せ又扱きは始めます。
先程よりは持ちましたが、又1分ほどで2回目射精をします。早漏にでもなったようです。精液の量は先程の半分ほどです。射精はしましたがそのまま扱くのを止めず続けます。腰を動かして逃げようとしますが固定しているので逃げれません。くぐもったうめき声をあげていますが、構わずに扱き続けます。3回目の射精です。精液は少し出ています。陰茎はまだ堅さが維持しているので、そのまま扱きます。先程よりは長く耐えた後(我慢しているのかどうかは知りませんが)4回目の射精です。ほとんど精液は出ていません。5回目を射精させようと扱きますが、陰茎は元気を失っていきます。
10回は射精させるつもりだったのでたった4回なんて拍子抜けです。
陰茎は赤黒くなっています。
年齢や個人差もあるでしょうが、もう限界なのかもしれません。
目隠しを外してみます。前回160日ぶりの射精の時のように失神としているわけではありません。そのまま亀頭を触るとまだ感じるようなので、しばらく刺激を続けますが陰茎が堅くなることはなく、5回目の射精はしないようです。ゴムが抜けおちそうなので外して採取した精液を先程のグラスに移します。ゴムを外した後も亀頭を1時間くらい刺激し続けました。たまにビクッと反応しますが、精液が出ないので逝ってるのかどうか分かりません。
散々亀頭を弄んだあと、触っても勃たなくなった陰茎に貞操具を装着し、猿轡を外して採取した精液を飲ませた後、拘束を解きました。
連続射精のさせ方は勉強不足です。又機会があればチャレンジしてみます。
長期射精禁止後の射精は、普通の射精とは快感が違うことが分かったので、これからしばらくは、射精の許可は与えないと思います。






下記画像は広告です。本編内容とは関係ありません。

管理no0001 | コメント:5 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>