FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

ご意見ありがとうございます

 永久貞操帯に関する貴重なご意見ありがとうございます。

 永久貞操帯については現在出来ている部品以外の部分で形状変更を検討しています。状況に応じては出来ている部品ですら変更の対象といたします。今設計図面を見直して修正かけています。今回からは今までの報告内容から変更してその図面等の一部も今後の記事で載せていこうかとも考えております。そのほうが皆様からのアドバイスも多くいただけるのではという気持ちからそうすることに変更しようと気持ちが変化いたしました。


CSI PICTURES


新規ブログ
「Chastity-Restraint-room」
管理される喜びと苦悩
「終わりのない射精管理の悦び」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

管理no0011 | コメント:0 | トラックバック:0 |

永久貞操帯プロジェクト計画2016(1)

 去年体調不良やトラブル、事故といった不運で、途中で中折れした状態で中途半端に止まっていましたが、0011と打ち合わせの結果再開いたしました。

 0011も、「一つのテーマとしてブログやチャットとかで皆さんに聞いて皆さん参加型ではどうか。」という意見も出してくれたので、今後ブログやチャットで0011本人及び他の被管理者や読者の意見も交えて、計画を進めて行きたいなと考えています。

 計画当初、下記のような取り決めを0011と行ない作業にかかっていました。


 永久貞操帯(要旨)
 
 永久貞操帯は4重ロック構造とする。
 小説や妄想では実現する永久貞操帯を、衛生上の問題を乗り越え現実に作成可能か考えるところから入りました。

1 第1ロック部位「ゲージ(筒)」(永久装着)
  一切の勃起は出来ない状況で固定される事となり、永久ロック後は死ぬまでこのゲージは外れないものとなる。
 (1)陰茎の形に合わせ可能な限り洗浄できるように隙間のある格子状のステンレス製のゲージ(筒)を製作。
    ・最終的に破壊螺子で永久固定する。
    ・陰茎チューブを装着するだけで陰茎は真下に会陰部に向けて常に沿う形に固定される状態となる。
 (2)ゲージ(筒)のサイズは萎縮時サイズを計測して隙間なく製作する。
    ・装着する事により一切の勃起を許さないものとなる。
 (3)構造は2重構造とする。そのため、洗浄時以外は陰茎は骨組み内に窮屈に押し込められる。
    ・陰茎を固定する骨組(永久ロック)及び
    ・その骨組みの間を埋めるカバーシールドをつける。
    ・筒状のカバーシールドに陰茎や亀頭にパルス波の流せる電極を設ける予定。
  -----(以下の4~6は未定)-----
 (4)可能な場合、シールドの亀頭部を押さえこむ部分に超小型バイブレーターの設置を予定。
 (5)陰茎根元付近の一部に油圧で突起物を飛び出させ、パルス以外に制裁を与える。(思案中)
 (6)永久ロック前に亀頭か包皮に管理者の名前をロックした状態で見えるようにタトゥーで刻印をする。
    また、全ての貞操帯を装着した後見える場所に「0011」と刻印をする。

2 第2ロック部位「貞操帯本体(ベルト及び前面シールド)」(鍵は管理者が管理)
  永久ロックされたゲージに触れさせないように、また固定した状態で一切外部から刺激や目視の遮断をする。
  なお、ステンレスの厚さは変形が難しいように厚さ1mm以上で作成する。
 (1)体型に合わせ次の制作を行う。
    ・腰ベルト
    ・会陰部辺りまでを保護するシースルータイプの前面シールド
    ・太股上部に装着するステンレスリング
 (2)構造は2種類を予定する。
    ・上から服を着用した際、完全に女性の股間に近い状態になるタイプ
    ・見た目では女性が貞操帯をしているようにしか見えないタイプ
     とし、女性として将来生活して生きていかなければならない仕様とする。
 (4)手枷等を一時的に固定することを可能とするためDリングを取り付ける。
 (3)世界で唯一の貞操帯としてのオリジナルロゴを刻印する。

3 第3ロック部位「腰ベルト後部から会陰部までの排泄管理用ロック」(通常は被管理者が保管、懲罰時は管理者が保管)
  アナル用ディルドを常時固定挿入し、縦ベルトをウエストベルト前面で固定しロックするものとする。
 (1)鍵があれば排便時等自由に解錠する事が可能であるが、貞操帯本体からは外す事は出来ない。
   服を着用する為には、アナルにプラグを差し込みロックする事が必用。
 (2)可能な場合、ミルキング用のパルス波の流せる電極を設ける予定。

 現在の段階では以上ですが、現実に可能なものなどに合わせて、内容は変更されます。

またチャット等で論議する際、意見等を出していただければうれしく思います。


社会に役立つ秘宝館 ダウンロード販売

新規ブログ
「Chastity-Restraint-room」


管理される喜びと苦悩



管理no0011 | コメント:2 | トラックバック:0 |

永久貞操帯プロジェクト

 以前に話した0011の永久貞操帯プロジェクト、0011の体調不良に夜貞操帯の切断による緊急解錠から始まり、その後私が体調を崩した事から途中で計画は停止しています。とはいえこの計画は立ち消え等はしていません。まずは発送が遅れていた貞操具を装着してもらい貞操帯の装着をしてもらう段取りとなります。




 
管理no0011 | コメント:0 | トラックバック:0 |

哀しい出来事

 先日、緊急を要する体調不良により貞操帯を解錠する必要性が生じ、状況的に貞操帯を外す為に切断せざるを得ない状況になり、貞操帯を切断して外す事態が生じました。

 詳細は、個人特定につながる恐れがあるので公表は致しません。申し訳ありません。記事の掲載についても0011の了承を得て公開させていただいております。

 今回の緊急の体調不良について貞操帯長期装着が主原因と言える症状ではありませんでしたが、今製作中の貞操帯製造にあたっても、今一度改良点を検討する必要性を考えさせられる事象でした。現時点においてはまだ改良が可能であるので、その部分の検討もかねて貞操帯装着について見直しているところです。

 題名にある「かなしい出来事」というは0011の心情を察しての表題です。今回切断された貞操帯は、私が管理する以前から精密に測定をしてかなりの期間を要して作成されたものです。その貞操帯に対する愛着はかなりの物であったと思われます。またこのような事態になった事による0011の精神的負担は計り知れないものであったと思われます。

 しばらくの間は貞操帯及び貞操具の装着はせずに療養にあてる期間と致します。無射精については、自己報告でしか管理は出来ない状況ですが、このまま期間の記録は掲載をしていきます。またこれを幸いとしてこの療養期間中に新しい貞操帯の製作における細かい測定等を行なっていく期間としたいと思います。

 今回の件は本当に悲しい出来事でしたが、新しい貞操帯を装着する前で検討の機会を与えてもらえた物と、前向きに考えたいと思います。

 貞操帯を外した状況で、今回の症状が貞操帯長期装着による事が原因では無いとされますが、その要因になったどうかの検証は必要ですので、知り合いの医師とも相談して検証してみたいと思います、今のところ他に長期装着による不具合等は見当たらないので、連続装着は可能であると思われますが、連続装着ともなるとやはり色々調整が必要であることを実感させられました。

 皆様も0011の早い復活を応援してあげてくださいね。


 最後に綾も連続装着していますが同じような症状になった事はありませんし、緊急を要するような事態は発生していませんが、注意はしていく必要性を感じました。





現在の管理状況(12月23日)

 0001  CB6000S装着    無射精期間   96日目
 0002  金属貞操具装着      無射精期間  385日目 
 0003  金属貞操具装着      無射精期間   98日目 
 0004  金属貞操具装着      無射精期間  345日目(解錠の確認が出来ない為、自己申告の無射精期間となります。)
 0005  CB6000S装着    無射精期間   --日目(管理再開に向け準備中)
 0006  PAのみ装着       無射精期間  179日目(諸事情により貞操帯等不着用。自己申告の無射精期間となります。)
 0007  金属貞操具スマート    無射精期間  107日目
 0008  金属貞操具装着      無射精期間   81日目(10月3日夢精)
 0009  管理一時停止とします。
 0010  CB6000S装着    無射精期間  139日目
 0011  療養のため無装着     無射精期間  121日目
 0012  金属貞操具装着      無射精期間  124日目
 0013  CB6000S装着    無射精期間  115日目ペナルティーポイント  残288p
 0014  本人希望により掲載を削除いたします。
 0015  CB6000装着     無射精期間   47日目(6日よりメールにての管理開始) 
 0016  CB6000S装着    無射精期間  109日目
 0017  CB6000装着     無射精期間    5日目
 0018  CB6000装着     無射精期間   75日目ペナルティーポイント  残600p
 0019  CB6000S装着    無射精期間   59日目(10月26日射精許可により射精)
 0020  シリコン製装着      無射精期間   92日目 
 0021  現在貞操具準備中     無射精期間   38日目(15日射精許可)
 0022  金属貞操具装着      無射精期間   43日目(10日よりメールにて管理開始)
 0023               無射精期間   --日目(管理開始準備中)
 0024  CB6000S装着    無射精期間   44日目(海外被験者、9日より試験管理実施)
 0025  CB6000S装着    無射精期間   36日目(17日よりメール管理開始)
 0026  金属貞操具装着      無射精期間   19日目(4日より管理開始) 
 0027  CB6000装着     無射精期間   10日目(13日貞操具装着を確認)  
 000A  全身貞操帯        禁欲期間    40日目
 000Ω  金属貞操具装着      無射精期間   22日目
(数字は男性、アルファベットは女性、ギリシャ文字は綾の被管理者です。)
管理no0011 | コメント:2 | トラックバック:0 |

口なおし

 新しい管理記事が掲載できないので、0011の画像の紹介でもさせていただきます。

 まずは女性の姿で緊縛されている姿を見てあげてください。0011の顔がイメージできる画像も添付しておきますね。

過去11

過去12


サロン

r1.jpg

zemi.jpg


 少しはお口なおし出来ましたでしょうか。
 早く新しい調教記事が掲載できるよう、今はおとなしく静養致します。

(12月16日記載記事)








現在の管理状況(12月10日)

 0001  CB6000S装着    無射精期間   83日目
 0002  金属貞操具装着      無射精期間  372日目 
 0003  金属貞操具装着      無射精期間   85日目 
 0004  金属貞操具装着      無射精期間  332日目(解錠の確認が出来ない為、自己申告の無射精期間となります。)
 0005  CB6000S装着    無射精期間   --日目(管理再開に向け準備中)
 0006  PAのみ装着       無射精期間  165日目(諸事情により貞操帯等不着用。自己申告の無射精期間となります。)
 0007  金属貞操具スマート    無射精期間   94日目
 0008  金属貞操具装着      無射精期間   68日目(10月3日夢精)
 0009  管理一時停止とします。
 0010  CB6000S装着    無射精期間  126日目
 0011  NS社製貞操帯装着    無射精期間  108日目
 0012  金属貞操具装着      無射精期間  111日目
 0013  CB6000S装着    無射精期間  102日目ペナルティーポイント  残288p
 0014  本人希望により掲載を削除いたします。
 0015  CB6000装着     無射精期間   34日目(6日よりメールにての管理開始) 
 0016  CB6000S装着    無射精期間   96日目
 0017  CB6000装着     無射精期間   45日目(30日経過したので射精許可を与える予定であったためポイント減算中残1p)
 0018  CB6000装着     無射精期間   62日目ペナルティーポイント  残600p
 0019  CB6000S装着    無射精期間   45日目(10月26日射精許可により射精)
 0020  シリコン製装着      無射精期間   79日目 
 0021  現在貞操具準備中     無射精期間   25日目(15日射精許可)
 0022  金属貞操具装着      無射精期間   30日目(10日よりメールにて管理開始)
 0023               無射精期間   --日目(管理開始準備中)
 0024  CB6000S装着    無射精期間   31日目(海外被験者、9日より試験管理実施)
 0025  CB6000S装着    無射精期間   23日目(17日よりメール管理開始)
 0026  金属貞操具装着      無射精期間    6日目(4日より管理開始)   
 000A  全身貞操帯        禁欲期間    27日目
 000Ω  金属貞操具装着      無射精期間    9日目
(数字は男性、アルファベットは女性、ギリシャ文字は綾の被管理者です。)
管理no0011 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>