FC2ブログ

貞操管理

貞操管理に関するブログ。性欲を管理される甘美な世界へようこそ。

寝取られ犬

 私から与えられたバレエヒールを前に、奥様の使用済みの下着を顔にかぶるように指示された上で、「まて!!」とお預けされた寝散られマゾ犬の0017。

0017-00022.jpg0017-00023.jpg

 「よし!!」といわれ届いたばかりの荷物にご主人様の匂いが残っていないかと、必死に奥様の使用済みの下着越しに匂いを嗅ごうとするが、

0017-00025.jpg

0017-00026.jpg0017-00027.jpg

0017-00028.jpg
(首輪には変態寝取られ奴隷と書かれているのがはっきり読み取れる。)

 結局そのまま匂いを嗅ぐことも禁止されて履くことを命じられ、再びお預けの姿勢を強要される。

0017-00024.jpg














スポンサーサイト
[PR]

[PR]

管理no0017 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ネーム入り南京錠

 南京錠のピッキング解錠に対応して、ピッキングが難しいとされるディンプル錠(ピッキングが容易なものもあるので注意が必要)ニネームを掘って交換させました。

名前を彫る前の下書きをします。
IMG_8721.jpg

IMG_8722.jpg

IMG_8725_20180421124713b12.jpg

リューターを使って研磨します。
IMG_9229_20180421124714b23.jpg

普通のABUSのシリンダ上よりディンプル錠の横幅は2mmほど厚みが増しますので、そのままでは貞操帯には嵌らないので、入るようにサイドを削ります。
IMG_9235_201804211247239a2.jpg

IMG_9233_20180421124720007.jpg

IMG_9234_20180421124722300.jpg

削ったあちゃんと装着できるかを型あわせをします。
IMG_9230_20180421124716b67.jpg

IMG_9231_20180421124717a76.jpg


 それにしてもこの錠の形見ているとなにかを思い出してしまいます。
IMG_9237.jpg

 いわば貞操帯のコアブロックだから似ててもおかしくないけど、また変なものに興味持っていることがばれてしまいましたね。(笑)横道はそれるのはこれくらいで、ユウキに装着させたとき動画を取らせて見ました。音なし動画というのが少し残念ですね。

 「カチリ」という音ともになんとも言えないため息あれば最高なのにww




以下本人の日記記事の内容の抜粋です。


 智美さんに作ってもらった鍵を送ってもらいました。

 もう少し前にとどいていたのですが、交換するのにちゃんときっちりやりたいとのことで、手元にあるのに交換がゆるされていませんでした。

 本日土曜で時間が取れるということで交換です。

 まず、スカイプのビデオチャットで、首輪と首輪の鍵が本物であることを証明しつつ、首輪の鍵をボックスへ、入れ施錠し首輪を付けます。

 次に貞操帯側のボックスを開錠し、今までのキーを取り出します。

 その次に新しい南京錠のキーをボックスへいれて、ボックスを施錠。

 新しい南京錠のキーにはキーホルダーとして、過去に遊さんが作ったものがついてます(智美さんが譲ってもらったものらしいです)

 というのも、実はこのキーボックス、ふたの間に若干の隙間があり、ただのキーだけではぎりぎり施錠したまま取り出せるという虚弱性がありました(笑)

 気が付いた後は、既存のキーにもキーホルダ付けるという対応をしてました。

 その後、貞操帯を開錠、体から外してはダメとの指示のもとそのまま鍵を交換。。。うまく入らない。

 今までのは私が削ったもので、削りすぎてゆるゆる。がたがた言わないようにマスキングテープで張り付けていたのですが、今回のは相当タイトに削っていただいたようです。

 私が個体差かな?はまりそうもないよ?というと、一応テストしてるからはまるはずだけど、、、とのこと。

 それならばと、ちょっと力をいれて押し込んでみると、ベストフィットがたつきまったくないかんじです。

 最後に施錠、というところで、せっかくならばと、もう一つカメラをとりだして、施錠シーンだけ別どり、何かブログにでもつかえるといいですねということで鍵の交換がおわりました。



















ユウキ | コメント:2 | トラックバック:0 |

遠隔ロック4号機(使用者の感想)

 4号機は無事別の管理者の元へと届きました。

 別の管理者の元から、その被管理者の元へ。

 その被管理者が書いた日記の転載の許可を貰いましたのでここに転写させていただきます。


鍵管理のボックス!

d_1016_1_f832b665953609cb96ec5e5e7c91bac606905a96_jpg.jpg d_1016_2_e8d928ec4ad2df3bd60593d1b24b048212ea6143_jpg.jpg d_1016_3_ee47b52b106b5e3b9029dd7e88b9e5dfdb32cbc2_jpg.jpg

satomiさんにお願いしてキーボックスを作っていただきました
以前遊様が紹介してくださったものですね 貼っておきます
http://lockedchastity.pne.jp/diary/1009
細かいところまで紹介してくださっているのでぼくからは割愛します
お渡しした金額以上のものを作ってくださり感謝に堪えません
ありがとうございます
届いたときには感動してニヤけっぱなしでしたw

届ける方法に関してはメルアド宅配便というサービスを使いました
互いの住所を知らせずにメールアドレスで荷物を行き来させることができるというものです
メールアドレスでなくてもTwitterなどでもできそうです 捨て垢の作りやすいメルアドが楽ですかね
まず送る側が受取側のメルアドを知っておきます
送る側はサービスにアクセスして住所情報を入力したあと受取側にメールを送ります
このとき受取側にその住所情報は伝えられません
受取側も住所情報を入力して確認
この住所は郵便局止めはできないそうです
実家の方は実家に送るか、誰かに受け取ってもらう必要がありますね
その後業者が荷物を取りに来て送られます
荷物の大きさはかなり大きいものも送れるようです
http://www.mailaddbin.com

機器の充電や設置を済ませて遊様に動作確認していただきました
動いたときにはなんと言えば良いかすごいの一言でした(語彙力なく申し訳ない)
ただただ感動していました
これは今遊様が動かしているんだと思うとなお興奮しました 目の前で何もしてないのに動くんです 遊様が動かしたとおりに もうそこに遊様が居るようなものですよね なんてw

左のボックスが貞操帯の鍵、右のボックスが首輪の鍵だそうです
貞操帯のメンテナンスをお願いするときは、まず首輪をつけて施錠
カメラで確認がとれたら貞操帯の鍵のボックスが開き貞操帯を解錠、そしたらボックスを閉じます
メンテナンス終了後、貞操帯を装着してカメラで確認
今度は首輪のボックスが開き首輪を外します
これで完了です 手順書いてるだけでも萌えちゃって勃起収まりません
ゆうきさんが同じ管理をされているのは聞いていましたが、自分もそうされると、憧れの管理してもらえると思うと嬉しくてたまりません

遊様の加工した遊様の名前入りの南京錠もいただきました
被管理者の憧れですよね ほんとに涙出るくらい嬉しいものです
わざわざぼくのために作ってくださったのです 大事に使わせていただきます

その鍵をボックスのワイヤーの先に取り付けます
あらかじめ穴を開けていただいたのでワイヤーと一緒に別の要らない南京錠で施錠し、鍵穴を埋めてしまいます
こうするとワイヤーから鍵は取り外せなくなるわけです 徹底しています
同じように首輪のほうも取り付けました

これで抜け出し不可の状態になるわけです
なにが嬉しいってここまで厳密な管理になれば、より信用を得た貞操帯生活ができるわけです
不正しようのない状態で本当に悶々と過ごしているの飼っていると実感していただけるのです
こんな嬉しいことないです

同時にsatomiさんに頼んでいたホルモン剤の塗布薬とホルモン剤の錠剤も届きました
本格的に女体化、sissy化を目指すこととなります
まだ使い方を調べています これならいいだろうという使い方あればまた日記書きますね














カズくん | コメント:0 | トラックバック:0 |

遠隔ロック4号機

 遠隔ロックという名前で作ったロックはすでに4作目。

 使用中の不具合等の改良行なってかなり快適に使用できるものへと進化してきています。

 今回これを使用するのは私の被管理者ではなく、仲良くさせてもらっている別の人が管理している男の子です。

 とりあえず出来たロックについてご紹介します。




はじめに作ったのが初号機こと1作目のボックス
IMG_5965.jpg IMG_5968.jpg IMG_5966.jpg


鍵付き貯金箱を改造しただけの2作目の2号機
IMG_0282.jpg IMG_6894.jpg IMG_6893.jpg


ボックスの収納箇所を2箇所にした3作目の3号機
IMG_8383.jpg  IMG_8380.jpg


そしてこれが今回の4号機です

699c930e221caadc40568a540450b8f1280c964f_jpg.jpg f17004f627bef3b16469c5b251ff095f0ecb5975_jpg.jpg 8df0894ca1a40ac7f2b1681b79ce95092af10268_jpg.jpg

R-LOOK-00001.jpg

 こうやって改めて見直すともう少し処理の部分で改良の余地が多数見受けられますね。


 下記記事はこのボックスを使用して管理する管理者が書いた記事の転用です。

さとみ工業製品 キーボックス四号機
 皆さん、智美さんが管理用にキーボックスをいくつか作ってるのは、ブログや、ここの日記で知ってると思います。
 (しらないっていう悲しひとは、たぶん向いてないです。。過去の日記とかも読んであげてくださいね)

1号機 鍵を一つ遠隔で管理することが出来ます
 (ゆうきさんがしばらく利用、その後返却)
2号機 鍵を一つ遠隔で管理することが出来ます
 (ごーやさんが利用中)
3号機 鍵を二つ遠隔で管理することが出来ます
 (ゆうきさんが利用中)

 鍵二つ 管理することが出来るようになったことで、被管理者の皆さんは、メンテナンスで貞操帯を一時的に外すときには、その前に丈夫な首輪をつけなくてはなりません。

 そのカギもキーボックスのもう一つの部屋にしっかりとしまわれています。

 被管理者はどんなにもうやめたいと思っても、しっかりと貞操帯を再度装着し、鍵をボックスにしまうまで、首輪を外すことが出来ないのです。

 そして、今回 4号機が完成しました。利用者は、か○君です。か○君の依頼によってつくられたこのキーボックスは3号機と同様、2つの部屋を持っています。

 また、3号機で出てきた課題やセキュリティホールにも対応した最新番です。

 まず、外観はおおよそ、縦横25cm高さ15cmといった銀色の箱

 外箱を開けると、その中には、二つに分かれた小部屋にアクリルの蓋が付いています。

 このアクリルの蓋が、それぞれ独立して施錠されており、スマートロックの機能を利用して、遠隔で操作することができます。

 今私の手元にあるWifiの無線ルータと認識させ、設定してから、か○君のもとに送られることになります。
 (この作業のために、作ったのさとみで、使うのか○君なんだけど、今私の手元にあります)

 そうすると、私だけが、遠隔でアクセスできるスマートロックの完成です。

 扉がアクリルでできているのは、中に入れたふりをするというズルの対策でしょうか、また、スマートロックに何かが挟まり、うまくクローズできないといったトラブルも避けられるように思います。

 3枚目の写真は右側の蓋をあけたところになります。
 内部にはワイヤーがとおしてあり、ここに貞操帯と首輪の鍵をつなぐのです。

 かれらにはこっそりと、偽物の鍵と交換することはできません。

 また、ワイヤーをちゃんと中に入れないと、ひっかかり、この二つのアクリル扉は閉めることが出来ません。

 このアクリル扉がしまらなければ、当然外の、大蓋も閉まりません。

 すなわち外観を一目見て、正常に外蓋が閉まっているそのことじたいが、正常に鍵が封印されているということになります。

 スマートロックのステータス自体は、いつでも遠隔で確認が可能なので、外観のふたが閉まっている、スマートロックが施錠状態である、ここまで確認できて完璧です :)

 素晴らしいアイテムですが、材料費だけでもおそらく6万以上、作るための手間暇(人件費)かんがえたら貞操帯一個かえるんじゃないの?っていう商品だとおもいます。




 実際こういうの作っても手間ばっかりで、儲けは一切出ないのが最大の難点ですが、ただ管理のしやすさは格段に向上するという意味ではありだと思います。
 海外で市販されているクロノボルトが、お奨めかな。w
 現在の私のは手作りのため、見た目的にもまだまだ改良の余地が必要だと思っています。


 因みに材料費がいただけ次第5号機も作成を始める予定です。このほかにも頼まれているファッキングマシンのモーター強度を上げて完成させて送らなければいけないとか、他の製品を待たれている方もいるので時間的余裕もあまり無いのが現状です。












アイテム | コメント:0 | トラックバック:0 |

研究結果の提供

 ことの始まりは2015年にあるメールでの問い合わせから始まります。

 はじめまして、智美様。僕は、数年前から自分なりにペニスの研究をしています。長さや、太さ、持ち上げることが出きる重量、勃起継続時間、一日に勃起する回数、時間があるときはそのような事を調べています。といった内容から始まりました。

 話を進めていくと、彼が一番好奇心をくすぐられるものは精液で、その時点では量を調べているといった話をしていました。

 つまり、一日にどれくらい精子が作られているのかを知り、どれくらいの日数で満ちるのかを知り、そこから、逆算して一番溜まってる日に、まとめて処理ができるのではないかという理論です。

 当然個人差もあると思われますが、もし彼の定義するように精液の作成工程及び精液の貯蔵数、溜まる速度に法則性があれば、男性機能低下させずミルキングを行なうことで、常に衰えさせず管理が出来るでしょう。

 その時彼が調べいた内容を要約すると、先ほどの理論は、実験でも、Wikipedia等のネットの記事からも、医学的に間違っているということだったようです。

 また彼は射精間隔と、量の関係という点でも調べていたようで、その調査結果によると、一度の射精における精液の量があまり変化せず、仮に一回あたりに変化するとしても、二週間も我慢できない彼には変化がわずかすぎて調べれず、これについてはもっと細かい単位で分析する必要性があるという結論でした。

 ただ射精行為を行うことで、彼個人の感覚要素としては、精神的に攻撃的になり、集中力があがるといった効果もあるということでした。

 また彼は射精というものに対する記録をつけ始めており、ある時は21時くらいからオ○ニーをはじめて、翌日の6時までずーっとオ○ニーしてた事も何度かあったようで、オ○ニー行為をしている間はすごく幸せで、その反面片隅に常に時間の浪費感があったりはするものの、その行為に耽ってしまっていたようです。

 つまり射精衝動という本能に赴くまま、欲望に負けて研究という観点からうまく測定も出来ていなかったと言うのが事実でしょう。

 結果的に研究的な内容の記録をとることはできませんでしたが、彼事態の特質として一週間以上我慢してするオ○ニー行為で、寸止めしたりとかも含め長時間かけるオ○ニー行為をすると、一回の射精では飽き足らず数回射精するまで止まらなくなると言うことはわかりました。

 また、意欲と射精関係についても考えており、彼なりに出した結論としてはなにかに集中する意欲を維持するベストな感じがする状況は、射精の直後よりかは、しばらく禁止した日の方が集中できると言うことに落ち着いたようでした。

 彼なりに一生懸命研究していることも面白く感じましたし、色々データ的資料を取ろうという考えもユニークで私も共感を覚えました。

 ただ、この報告内容を聞いた時私が思ったのは、自分の意思で精子の溜まり具合を計測したり、射精の周期をコントロールするように考えようにも、測定者自身が欲望に翻弄された状態では、正確なデータはとれず答えは見つからないであろうと、仮に法則性があるのであれば厳しい管理下で、自分の意思で射精できない状況で前もって綿密に計画された測定方法を厳守させられる状態での測定研究であれば、再度試してみるのはいいのではないかという結論でこの時は終了しました。




 それから3年ほどの月日が流れ、再び彼からコンタクトがあったのです。

 彼の話を再び聞いて一部を抜粋しており要約してみると、禁欲期間と性液の量の関係を実験しながら調べたかったのですが、我慢できずにオナニーして何度も失敗を繰り返しています。横軸に日数、縦軸に性液の量を示すグラフを作ってみたいのですが、うまくいきません。

 射精に関する精神状態を縦軸、日数を横軸にしたグラフも作りたいので、管理されることで確実なデータが取りたいというのが彼の希望でした。

 彼の話す言葉の中に、

 僕自身は100%射精したくて仕方ないのに、強制的に我慢させられている状態のデータが欲しいし、体験してみたい。
 私のブログにあるパブロフの犬のように条件付けで射精する実験 にも凄く興味があり、条件によりますが、射精は難しくても、勃起まではかなり簡単に刷り込みできるようになると思います。

という言葉には私も興味があります。精液の量の測定といった変わった実験にも協力してもらえ、しかもデータが提供してもらえ、ブログへの掲載も許可してもらえるというので、前向きに研究する方向で現在話は進んでいます。


 彼から送られてきた射精管理実験計画はこのようなものです。

tak-00004.jpg



下記内容の転載

1. 目的
 射精禁止日数と精液の量、精神状態の関係を調べ、どのような条件下で最も精液が多く射精されるのか、どのような状態が最も精神的に苦痛な禁欲であるのかを調べることを目的とする。

2. 原理
 精液の量に影響する要素は多くあるが、今回は、

  ①禁欲期間
  ②精神状態
  ③射精方法
の3つについて実験し、それぞれ最大値を取る条件を調べ、それら3つの条件をすべて満たす時、精液の量が最大であると仮定する。


tak-00001.jpg


3. 実験方法
① 精液量の計測について

tak-00002.jpg

装置
 1メスピペット スポイト
 2シャーレ

tak-00003.jpg

 方法 シャーレの中に射精し、ピペットで計測する。ピペットを固定し、撮影記録する。シャーレは小さいので中に射精するのは難しいので注意深くする。また、ピペットで吸うときに泡立たないよにするのは難しいので慎重に吸う。

② 条件について
1 禁欲期間 
 禁欲期間 0日、1日、2日、3日、4日、5日、、、と調べる。射精をする日は、精巣内の精液が空になるように3回程度射精する。Wikipediaによると3日で精液の量はいっぱいになり後は体内に吸収されるらしい。今回は我慢できる限り長期間まで調べる。

2 精神状態
 禁欲期間中の精神状態。 禁欲期間中、勃起したり射精したくなったりする回数や原因、またそれを我慢する苦痛度合を記録し、禁欲期間との相関を調べる。
    
3 射精方法
 経験的に寸止めをしたほうが精液の量は多くなる。寸止めの回数と精液の量を調べる。できれば我慢汁の量も計測する。

4. 結果
    

5. 考察


 結果及び考察はまだ実験前ということで記載はされていませんでした。












未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>